トヨタ、新興国向けコンパクトカー「ヴィオス」の新型をタイにて世界初公開

写真拡大

トヨタ自動車のタイにおける車両販売・生産会社であるトヨタ・モーター・タイランド(Toyota Motor Thailand)は25日、タイのバンコクモーターショーで新興国向け専用コンパクトカー「ヴィオス」の新型を世界初披露した。

ヴィオスは、車名「ソルーナ」として1997年にタイで生産・販売を開始。

同国のコンパクトカー市場で、2003年から10年連続1位の販売を記録したほか、1999年からはアセアン諸国への輸出を開始し、7カ国で累計約18万7,000台を販売している。

今回の新型ヴィオスは、初めて車を購入する人が車を持つ喜び、楽しさ、快適さを感じられるように、「洗練された外観」「クラストップレベルの居住性」「低燃費」を実現したとのこと。

記者発表会に出席した同社の棚田京一常務役員は「今後タイトヨタは、トヨタの生産拠点として、世界中の80を超える国々に新型ヴィオスを輸出していく」と述べている。