「明治スポーツミルク」発売 -体づくりに適した乳たんぱく質を1.8倍強化

写真拡大

明治は25日、乳たんぱく質を強化した機能性白物乳飲料「明治スポーツミルク」を発売した。

同商品は、スポーツなどカラダを動かした後に飲む新しい機能性ミルク。

100kcalあたりの乳たんぱく質が普通牛乳に比べ1.8倍配合され、低脂肪タイプのためカロリーが抑えられる。

乳たんぱく質とは、牛乳に含まれるたんぱく質で、アミノ酸バランスに優れ、筋肉のエネルギー源となる唯一の必須アミノ酸「BCAA」が多いのが特徴。

ターゲットは、日頃からスポーツや運動を意識的に取り入れている30代以上の男女やその家族を中心に幅広く設定。

また、同社は牛乳の新しい価値を訴求した同商品の発売を通して、現在縮小傾向にある牛乳市場の活性化を図っていくとしている。

内容量は1,000ml。

成分組成は無脂乳固形分:9.8%、乳脂肪分:1.3%。

コップ1杯(200ml)あたりのエネルギーは100kcalとなる。

希望小売価格は230円(税別)。