オフィスまで靴を引き取り、当日中に修理。働く女性向けの「靴急便」開始

写真拡大

フェアリーテール・アジアパシフィックは3月25 日より、働く女性を対象にした靴の出張修理サービス「靴急便」を開始した。

同サービスはネットで依頼を受け付け、オフィスで靴を受け渡し、仕事をしている間に靴修理ができるというもの。

制服を着用した専任の女性スタッフ(名称「コンシェルジュ」)が、専用のキャリーケースを持って指定されたオフィスで引き取り、工場で修理後オフィスへ届ける。

引き取り・お届けは無料で、修理は1足から受け付ける。

深夜0時前までに申し込むと、最短で翌日中に靴を回収、修理し、手元まで届ける。

さらに、プレミアム会員(月額250円)になると、当日の依頼でも即日対応が可能な「特急便」(当日12時までに受付、15時までに引き取り、18時までにお届け)サービスを利用できる。

ただし、修理料金は1カ所につき200円割増となる。

価格は1,200円から(メニューによって異なる)。

また週末に靴修理を予約すると半額になる「週末割」、オフィスで6足以上まとめてオーダーすると全て30%OFFとなる「とも割」などのキャンペーンも実施する。

同サービスは、東京の大手町・丸の内・銀座、汐留、渋谷・北青山エリアから開始し、初年度は3,000件、3年後には2万件の利用を目指す。

また、3月下旬には男性向けサービスも開始し、企業の福利厚生メニューのひとつとしても利用できるよう営業展開をしていく。