岡本太郎とChim↑Pomコラボ展「殺すな」など新作15点

写真拡大

 芸術家の岡本太郎とアーティスト集団Chim↑Pom(チンポム)によるコラボレーション企画展「PAVILION」が、3月30日から7月28日まで開催される。2011年5月に岡本太郎の巨大壁画に原発の絵を付け足した作品「LEVEL 7 feat. 『明日の神話』」で大きな話題となったChim↑Pomだが、今回は立体や映像、写真などコラボレーション作品を含む新作15点で会場の青山の岡本太郎記念館を埋め尽くすという。

岡本太郎とChim↑Pomコラボ展の画像を拡大

 「PAVILION」では岡本太郎が1967年に発表した作品「殺すな」にインスピレーションを得たChim↑Pomによる同名の新作「殺すな」など15点が展示される予定。開催に向けて、岡本太郎記念館館長の平野暁臣氏は「いまは無き芸術家と正面から格闘しようとした若い想像力の軌跡を見てほしい。 そこにあるのは悪ふざけでも賛美でもない岡本太郎との真摯な対話だ」とコメントを発表している。

 2005年に卯城竜太とエリイ、林靖高、岡田将孝、水野俊紀、稲岡求の6名で結成されたChim↑Pomは、時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々と発表。原爆ドーム上空に飛行機雲で「ピカッ」の文字を描いた作品や、事故直後の福島第一原発敷地内に放射能マークの国旗を掲出するなど、様々なリアリティやタブーに迫る社会に向けたメッセージ性の強い作品を発表している。著書は「Chim↑Pom チンポム作品集」や「なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか」、「芸術実行犯」、「SUPERRAT」など多数。3月23と24日に行われた一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2013」では、昨年9月に渋谷パルコ前に出現させた巨大なゴミ袋を再度展示して多くの参加者の注目を集めた。

■岡本太郎記念館企画展「PAVILION」
 会期:2013年3月30日(土)〜7月28日(日)
 場所:岡本太郎記念館
 住所:東京都港区南青山 6-1-19
 TEL:03-3406-0801
 開館時間: 10:00~18:00(入館は 17:30まで)
 休館日:毎週火曜日 祝日の場合は開館、保守点検日
 入館料:一般 600円(500円)、小学生 300円(200円)
 ※()内は15人以上団体料金
 http://www.taro-okamoto.or.jp/