USJでの買い物はスマホで! パーク専用電子マネーサービス、3/31から導入

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは12周年目の開業記念日の3月31日より、スマートフォンを使って繰り返しチャージでき、パーク内のレストランや物販店舗の支払いができるプリペイド型電子マネー「ワンダー・マネー」を導入する。

「ワンダー・マネー」はスマートフォンのみを媒体とするプリペイド型の電子マネー。

利用店舗のレジカウンターに備えられた専用端末にスマートフォンをかざすと、入金、支払いができる。

スマートフォンを使ったパーク専用のプリペイド型電子マネーは世界的にも珍しいという。

同サービスの利用には、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式アプリ」のメニューからダウンロードすることが必要。

このサービス以外にも、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式アプリでは、待ち時間情報やARカメラなどパーク体験を便利により楽しめる情報を提供している。

同パーク開業12周年と「ワンダー・マネー」の導入を記念し、3月31日より期間限定のキャンペーンを実施する。

公式アプリより「ワンダー・マネー」をダウンロードし、5,000円以上をチャージすると、チャージ金額の5%分のボーナスをプレゼント。

先着3,000名までで、1人1回のみ対象。

キャンペーン終了は、4月末あるいは先着3,000名到達のどちらか早いタイミングまで。

電子マネー「ワンダー・マネー」は、チャージ単位1,000円、チャージ上限額10万円。

マネー有効期限は、最終利用(入金/支払い)日より2年間。

「ワンダー・マネー」の情報は、オフィシャルWEBサイト内の紹介ページに3月29日にアップ予定とのこと。