<男子世界ランキング>
 米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」終了時点での男子世界ランキングが発表された。「アーノルド・パーマー招待」で今季3勝目を挙げたタイガー・ウッズ(米国)がローリー・マキロイ(北アイルランド)を抜き、かつて通算623週に渡り君臨した世界ランク1位の“定位置”に見事返り咲いた。
 今季5試合で3勝を挙げたウッズ。米国男子ツアーでの通算勝利数を77勝とし、歴代1位のサム・スニード(米国)の82勝にあと5勝と迫った。また、同一大会8勝はスニードに並ぶ記録であり、ウッズにとって記録づくめの1週間となった。
 その他、「アーノルド・パーマー招待」で単独2位に入ったジャスティン・ローズ(イングランド)が前週の5位から3位にランクアップ、世界のベスト3入りを果たした。また、3位タイに入ったキーガン・ブラッドリー(米国)が14位から10位に順位を上げ、ベスト10入りを果たしている。
 日本勢の最高位は藤田寛之の51位。石川遼は今季3度目の予選通過を果たしたものの65位タイに終わり、前週の99位から104位に下げた。

【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(11.87pt)
2位:ローリー・マキロイ(11.29pt)
3位:ジャスティン・ローズ(7.11pt)
4位:ルーク・ドナルド(6.86pt)
5位:ブラント・スネデカー(6.39pt)
6位:ルイ・ウーストハウゼン(6.05pt)
7位:アダム・スコット(5.82pt)
8位:スティーブ・ストリッカー(5.74pt)
9位:マット・クーチャー(5.38pt)
10位:キーガン・ブラッドリー(5.25pt)
【主な日本人選手】
51位:藤田寛之(2.29pt)
104位:石川遼(1.48pt)
108位:谷口徹(1.47pt)
128位:武藤俊憲(1.28pt)
135位:小田孔明(1.23pt)
137位:池田勇太(1.21pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報とプロを目指した男が語る試打インプレはこちらから
ゴルフ美女が集結!「今日の美ゴ女」
最新フォトを一挙更新!女子プロ写真館