女子力向上アプリ♯13 新年度に使える デキる女子の無料「名刺管理」アプリ

写真拡大

新しい出会いが増える4月。もらう名刺が多くなり、整理するのに一苦労...という人も少なくないのでは。そんな働き女子におすすめな、スマートに名刺管理をしてくれるアプリをご紹介します。

短時間で紙からデジタル化 デジタル名刺交換もOK

名刺を写真に撮ってデジタル化することで、なくしてしまうことを防いだり、整理が苦手な人でもラクに管理できるアプリが流行っています。なかでも最近の話題は、自分の名刺をアプリに取り込んでおくことで、直接紙の名刺を交換しなくても、アプリ上で「デジタル名刺」として交換できる「すごい名刺管理」(iPhone/Android/無料)。アプリを使っている人同士がデジタル名刺を交換することができるのです。

名刺の取り込み方は簡単。アプリを起動して名刺の写真を撮影するだけでOKです。その後は、オペレーターが目で1枚1枚の名刺画像を認識・確認し、手作業でデータを入力してくれます。識別精度が99%以上という正確さで、氏名や会社名、部署名、電話番号、メールアドレスなど、一般的な名刺に含まれる項目を網羅しています。

また、名刺を取り込むときの速さも魅力です。既存の名刺入力サービスは丸1日以上かかるものが大半ですが、すごい名刺管理は名刺を撮影後、わずか18分で名刺がデジタル化されます。

さらに、名刺を交換した相手が名刺の情報を更新したときに、通知が届くしくみも便利です。再度新しい名刺をもらう必要もなく、相手の情報を常に最新の状態で持ち歩くことができます。同様に、自分の最新情報を知らせることもできます。

ほかにも、名刺を交換した人同士でチャットできる機能、知り合いが表示される機能などもあり、単なる名刺交換にとどまらないところが魅力的なアプリです。

Webでもアプリでもアクセス可能 次世代名刺管理アプリ

アプリ・Webのどちらからでも名刺データを管理・閲覧できるのは「Eight」(iPhone/Android/無料)。アプリ・Web、どちらからでも登録できます。

使い方も簡単。交換した名刺を写真に撮ってEightに取り込むと、オペレーターが目で1枚1枚の名刺画像を認識・確認し、手作業でデータを入力してくれます。機械での文字認識に比べると、人が確認してデータ化するので正確さが期待できます。

さらに、EightとFacebookを接続することで、Facebookの知り合いと名刺交換をすることもできます。相手がEightとFacebookを接続して利用している場合、紙の名刺をもらって撮影しなくても、名刺を交換することができます。名刺管理をパソコン上でも行いたい人にぴったりなアプリです。

豊富な情報をひとまとめに 画像、音声etc.も追加しよう

海外と取引のある人におすすめなのは「CamCard Free - 名刺認識管理」(iPhone/Android/無料)。中国語や英語、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語など、様々な言語の名刺を認識し、自動で保存してくれる賢い機能がついています。また、名刺の裏側画像を追加したり、名刺に書いたメモ情報も追加することができます。

ただし、撮影した名刺はオペレーターの認識・確認ではなく、機械で文字認識されて取り込まれるため、正確性に欠けることがあります。そんなときには、後から取り込んだ情報を編集すれば問題ありません。

ちなみに、こちらの最大の特徴は、名刺に画像や音声、ビデオ、添付ファイルの追加ができること。名刺を撮影し、入れたい情報を追加するだけで、豊富な情報がひとまとめになった名刺データが完成します。1枚の名刺をもとに、情報を一元管理したい人にぴったりなアプリです。

バラバラさせてしまいがちな名刺の管理もスマートに行って、仕事のデキる女性を目指したいものですね。

※名刺データを取り込む際の個人情報保護に関しては、国際認証機関のセキュリティ審査を通過したオペレーターやデータセンターを使って、オペレーターに対して適切な監督、指導・教育を行うなど、安心・安全なセキュリティ管理体制がとられています。
池田園子(いけだ・そのこ)フリーランスの企画ライター。86年生まれ。楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。主な執筆ジャンルは、恋愛、Web、ガジェット、新しいモノ、働き方、イケメンなど。現在は、J-cast、R25、ITmedia、Impress、ウレぴあ、goo、Googirlなど、10媒体以上に執筆中。著書に「フリーランスで食っていきたい!」がある。ブログ「Sonoko Blog」やTwitterでも発信中。