「くまモンGO!」は、羽田-熊本線など全9路線で運航される

写真拡大

スカイネットアジア航空(宮崎市、ソラシドエア)は2013年3月26日、熊本県の人気キャラクター「くまモン」をペイントした特別塗装機「くまモンGO!」(ボーイング737-800型機)を就航させた。

くまモンがペイントされているのは3か所。乗客が乗降する機体前方の左側ドアの隣には、右手を挙げて「『くまもんGO!』よろしくま☆」とあいさつする姿(縦50センチ、横30センチ)、機体後方には左右両面に笑顔(縦3メートル、横3.6メートル)がペイントされている。くまモン人気で熊本の観光地をPRするのはもちろん、(1)ソラシドエア羽田-熊本線開設10周年の感謝の気持ち(2)12年夏の集中豪雨からの復旧ぶりを全国に伝える、といった思いも込めた。

機内にはパンフレットを置いて九州各地の観光地をPRし、客室乗務員(CA)は「くまモンエプロン」を着けてサービスする。

蒲島知事も激励「満席になるように頑張って!」

羽田空港内のホテルで行われた記念式典では、熊本県の蒲島郁夫知事も駆けつけ、モデルプレーンを前に

「くまモンが乗った飛行機は満席になるように頑張って。ツイッターで、みんなに知らせてね!」

と、くまモンを激励していた。

「くまモンGO!」は、ソラシドエアの羽田-熊本線など全9路線で、14年3月25日まで1年限定で運航される。