東京駅隣接ビルに、ライオンがオーラルケアのコンセプトショップをオープン

写真拡大

ライオンは新しいオーラルケアソリューションビジネスとして、4月よりオーラルケアの新コンセプトショップ「ORALYSIS(オーラリシス)」を東京駅隣接ビル内に開業する。

また、マタニティ向けのオーラルケア情報発信Webサイト「マタニティ歯科相談室」も開設する。

オーラルケアショップ「ORALYSIS(オーラリシス)」は、グラントウキョウサウスタワー2階にオープン。

オーラルケアグッズを販売するショップで、オーラルケアに関する100種類を超える商品を取りそろえる。

サンプルやテスティング(試用)コーナーも設置。

また、歯科衛生士の資格をもった専門家が、それぞれの口腔(こうくう)環境に適した商品選びのアドバイスも行う。

更に同時期に、新しいオーラルケアクリニック「グラントウキョウ オーラルケアステーション」(運営:公益財団法人ライオン歯科衛生研究所)も同店に隣接して開設する予定。

マタニティ向けオーラルケアサイト「マタニティ歯科相談室」は、妊婦および乳児期の子供を持つ人を対象に、オーラルケアに関する情報を提供するWebサイトで、4月2日に開設(予定)。

妊娠期や乳児期における口腔の健康は、歯の健康を保つためにも極めて重要で、特に妊娠期は口腔に関する様々な悩みや不安を抱える人が多いという。

そこで、同サイトでは日本歯科大学附属病院の「マタニティ歯科外来」と提携。

この時期における不安や対処方法等に関する悩みや相談に回答するサービスを開始する。

サイトの閲覧、利用には会員登録(無料)が必要。