「楽天スマートペイ」、スマホ・タブレット端末100機種以上で利用可能に

写真拡大

楽天は25日、スマートフォン(以下スマホ)・タブレット端末でクレジットカード決済ができるサービス「楽天スマートペイ」において、スマホとタブレット端末の新機種で専用アプリの動作確認を実施し、102機種でサービスを利用できるようになった。

楽天スマートペイは、楽天が2012年12月6日から提供しているスマホ・タブレット端末と専用カードリーダーでクレジットカード決済ができるサービス。

主な特徴は、初期費用(専用カードリーダー代金・送料含む)が2980円(税込)と手軽な料金設定となっていて、入金サイクルが最短翌日と早く、楽天銀行の口座を指定すれば手数料が無料。

さらに申し込み・審査・結果通知・カードリーダーの配送までは最短3営業日で、月額利用料と専用アプリも無料。

特に、従来は高い初期費用や入金サイクルの長さが理由でCAT端末の導入を見送っていた中小企業・個人事業主を中心に、幅広い業種にて利用されているという。

このたび、すでに加盟店が保有している幅広いスマホ・タブレット端末を使い、追加投資を抑えて楽天スマートペイのサービスを利用できるよう、対応機種を102機種に拡大した。

楽天は、グループのシナジーを生かし、楽天市場や楽天トラベル、楽天デリバリーなどと連携し楽天スマートペイの加盟店開拓を強化している。

今後もクレジットカード決済が未導入だった飲食店や宿泊施設、宅配サービスなど幅広いジャンルの中小企業や個人事業主にとって利便性の高いサービスを提供していくとしている。