通常の株価の約2割引で買える優待株狙いや 株主優待と値上がり益をダブルゲットのワザ

写真拡大

個人投資家に大人気なのが自社商品や割引券などがもらえ、実質利回りアップになる株主優待。今回は、今発売中のダイヤモンド・ザイに掲載中の「株で儲けた読者から集めた上昇相場で勝つための裏ワザ集」の中から「普通より安く買う」「同じ投資金額で多くもらう」「隠れ優待をもらう」など、読者が実践している目からウロコの裏ワザの一部を紹介しよう。

配当25%増で優待付きの伊藤園株は2割引で買え!

 お茶で有名な伊藤園の株主優待は、お茶だけではなく、野菜ジュースや缶コーヒーなど、バランスよく入っていて好評だ。この伊藤園の株主優待を割安でゲットする裏ワザがある。

 じつは伊藤園は日本で唯一、普通株以外に優先株を上場させている企業。優先株とは議決権がないなどのデメリットがある分、株価は普通の伊藤園株に比べて約2割も安い株価となっている。しかし、ありがたいことに優待の権利は平等。優待の権利獲得のため普通株なら約20万円は必要なところを、優先株なら約16万円で優待権利を獲得できる。しかも配当は普通株より25%も多くメリットだらけ。

 株主総会にも行かないし、議決権を行使する気もないのであれば、優先株でまったく問題ない。

 権利確定日が4月末という優待枯れの時期に設定されているので、優待愛好家には外せない銘柄の一つ。優待狙いで伊藤園に投資するなら、優先株のほうを買うべきだ。注文の際はコード番号が「25935」と5ケタなので気をつけて。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)