米国初、ルイジアナ州ニューオーリンズでタクシーの中に自動販売機導入へ

写真拡大


乗って買って飲んで!

米国ニューオーリンズで、250台の自動販売機がOrleans Carriage Cab社のタクシーに導入されました。自動販売機がタクシーに導入されるのは米国で初めての試みということです。タクシーに乗り込んだお客さんは、後部座席に座り、前面に設置されたタッチスクリーンディスプレイで商品(ノンアルコール飲料のみ)を選び購入することが可能。コーラやスプライト、アイスティーやファンタ等が1ドルで販売されています。ニューオーリンズ以外にも広まるかどうかは、ここでの取り組みの成果次第でしょう。

気になるのは、車の揺れで炭酸飲料が開けたとたんに爆発しないのかってことですかね。


20130325vendingmachinesincabs01.jpg


PSFK

そうこ(Andrew Liszewski 米版