妻側の両親&親戚、どう思う?--夫「無職の暇人が他人の粗探しに忙しい」

写真拡大

妻と自分の母親との間に入ることが多い男性、世間的にも嫁姑問題ばかりが語られがちだが、妻側の家族との関係はどうなっているのだろうか。

その内状について、マイナビニュース既婚男性会員193名から教えてもらった。

「妻側の両親や親戚との関係は良好ですか?」という質問に、「はい」と答えた人は93.5%、「いいえ」は6.5%とわずかだった。

「不仲だ」という人に、具体的に誰と不仲で、そのきっかけや理由は何なのか、教えてもらった。

>>女性編も見る■コソコソ悪口が煩わしい・「無職の暇人が他人の粗探しに忙しい」(45歳男性/生保・損保/専門職)・「私に直接言えばいいことを、妻を利用して言うから」(32歳男性/農林・水産/技術職)■親戚とは言えども・「偽善的態度が散見」(64歳男性/電力・ガス・石油/営業職)■基本的に合わない?・「不仲ではないが、一緒にいるとイライラするので……」(43歳男性/自動車関連/技術職)・「面倒なのでかかわりたくないからです」(43歳男性/その他/その他)■総評不仲だと答えた男性たちは6.5%とごく少数。

同様の女性編アンケートと比べて考えてみても、男性は女性ほど、相手の両親や親戚とは不仲ではないらしい。

男性の方がコミュニケーション能力が高いのか、女性ほど気負って仲良くしようとはしないのか、あまり何も感じていないのか……。

自由回答からは、「他人のあら探しばかりしている」「遠回しに口出ししてくる」「偽善的」など、「相手側が悪いのかな」と思われるような理由が並んだ。

奥さんの両親はまだしも、親戚までしっかり見定めてから結婚することは難しいだろう。

常識外れな親戚がたった1人いるだけで、冠婚葬祭や何かの行事につけてイヤな思いをすることになる。

できるだけ関わりになりたくない、という意見は正直でとてもよく分かる。

ズラリと並ぶ家族・親戚一同が、慣習やしきたりを重んじて意見してくることもあるだろう。

”若輩者”たちは多少ガマンして、敬意をもって言葉に耳を傾けることが、上手な距離感で付き合っていくためには必要なのかもしれない。

(文・アリウープ 中嶋絵里) 調査時期: 2012年11月22日〜2012年11月28日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性193名調査方法: インターネットログイン式アンケート