<FedexCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」終了時点でのFedexCupポイントランキングが発表された。悪天候で順延になるなど5日間に渡って行われた「アーノルド・パーマー招待」を制し今季3勝目を挙げたタイガー・ウッズ(米国)が先週まで首位を走っていたブラント・スネデカー(米国)を抜きトップに立った。
 その他順位を上げた主な選手は、「アーノルド・パーマー招待」で単独2位に入ったジャスティン・ローズ(イングランド)が先週の54位から17位にジャンプアップ。また3位タイに入ったキーガン・ブラッドリー(米国)が16位から12位に、リッキー・ファウラー(米国)が37位から24位にそれぞれ順位を上げている。
 今季3度目の予選通過を果たした石川遼は、先週の183位から177位へとランクアップ。初日5位タイでスタートするなど、石川“らしさ”が出てきているだけに今後の躍進に期待したい。

【FedexCupポイントランキング】
1位:タイガー・ウッズ(1,605pt)
2位:ブラント・スネデカー(1,282pt)
3位:マット・クーチャー(902pt)
4位:ケビン・ストリールマン(752pt)
5位:フィル・ミケルソン(744pt)
6位:スティーブ・ストリッカー(716pt)
7位:ハンター・メイハン(692pt)
8位:チャールズ・ハウエルIII(680pt)
9位:ラッセル・ヘンリー(659pt)
10位:ブライアン・ゲイ(633pt)
12位:キーガン・ブラッドリー(594pt)
17位:ジャスティン・ローズ(531pt)
24位:リッキー・ファウラー(434pt)
177位:石川遼(28pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報とプロを目指した男が語る試打インプレはこちらから
最新フォトを一挙更新!女子プロ写真館
AKB山内鈴蘭のナンでもやってやろう!