大阪府・梅田に複合施設「ナレッジキャピタル」誕生 - 「THE世界一展」開催

写真拡大

一般社団法人ナレッジキャピタルは4月26日より9月1日まで、大阪市北区のJR大阪駅前に同日開業する複合施設「ナレッジキャピタル」にて、「THE世界一展」を開催する。

「ナレッジキャピタル」は、うめきた・グランフロント大阪の中核施設となる複合施設。

感性と技術の融合により新たな価値を創出する複合施設として、多様な人々(一般生活者から世界一の技術を持つ人や会社まで)の交わりから、今までにない商品、サービスや人材などを生み出すことを目指すとのこと。

施設内には会員制交流サロン「ナレッジサロン」、小規模でレンタル可能なオフィス「コラボオフィス」と、次世代人材のための活動の場「コラボオフィス nx(ネクス)」、イノベーション創出のための事務所スペース「ナレッジオフィス」、貸会議室「カンファレンスルーム」、381席の多目的劇場「ナレッジシアター」、国際会議にも対応する都市型会議施設「ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター」などの施設を設け、それぞれが連携し有機的に運営されるという。

「THE世界一展」は、同施設の開業に合わせて同法人らが開催するイベント。

東京・お台場の国立サイエンスミュージアム「日本科学未来館」(東京都江東区)の企画協力により、技術、製品、プロジェクトなど日本が世界に誇る知の数々を全国各地から集めて展示する。

また、会場内の”〜世界に誇る!日本の技〜「すごい!ステージ」”では、「世界一の技を持つ人」や「ユニークな技を持つ人」が毎日登場し、感動秘話や開発秘話、実演など多彩なライブプログラムを実施する。

会場内は、世界でひとつの技や人を紹介する「世界でひとつ」、世界一のアイテムを紹介する「ようこそ、世界一の国へ」、日本独自の精神、知恵、文化、創造性と持続性の源を紹介する「源=みなもと 〜古代から受け継がれる、日本の心と技〜」など10のゾーンが設定され、「カップヌードル」「スーパーカブ」「金のつぶパッケージ」などの身近なものから「すばる望遠鏡の鏡面加工」「プラネタリウム投影機」「世界一静かなMRI」など大がかりなものまで175点以上(3月21日現在)を展示予定。

ステージでは初音ミクやボンカレー、小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」など、世界一に携わった人々が主演しイベントを行う。

会期は4月26日〜9月1日の計129日間。

会場は大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪(北館) ナレッジキャピタル イベントラボ。

開館時間は11時〜20時を予定。

入場料金は大人1,300円、大学/専門学校生1,000円、中高校生700円、小学生300円(小学生未満は無料)。

前売券はチケットぴあで販売され、入場料金が100円割引となる。

詳細は「THE世界一展公式ページ」で閲覧できる。