「猫や犬が降る (rain cats and dogs)」ってどういう意味?【知っているとちょっとカッコいい英語のコネタ】

写真拡大

受験英語のフレーズで「rain cats and dogs (土砂降りに雨が降る)」という表現を習った人も多いのではないでしょうか。

この表現の由来は、開拓期の貧しい時代、小屋の屋根は屋根板のないかやぶきで、そのワラの中が家じゅうでもっとも暖かい場所だったので猫やネズミなどの動物がそこを寝床としていたため、大雨になると実際に天井から動物たちが落ちてきたからだそうです(でも、なぜ「cats and rats」ではないのでしょうね)。

ただし、ネイティブは「rain cats and dogs」という表現はほとんど使わず、用いるのは英語が母語でない人が多いように思われます。

やはり受験英語の定番なのでしょうか。