全国求人情報協会がまとめた2月分の求人広告掲載件数等集計結果によると、35カ月連続で前年同月を上回ったことが分かった。

 求人メディア全体の広告掲載件数は68万1047件で、前年同月比15.4%の増加となった。

 メディア別に見ると、有料求人情報誌5万9876件(2.8%増)、フリーペーパー26万4910件(19.3%増)、折込求人紙9万218件(6.1%増)、求人サイト26万6043件(18.3%増)だった。前月は有料求人情報誌と折込求人紙が前年同月を下回ったが、2月はすべてのメディアが増加となった。

 地域別に見ると、北海道・東北3万9123件(前年同月比16.2%増)、関東・甲信越15万3718件(同17.0%増)、中部・北陸5万4524件(同11.2%増)、近畿7万8759件(同11.8%増)、中国・四国2万7282件(同9.8%増)、九州・沖縄6万1598件(同10.1%増)で、すべての地域が増加した。

経営者調査 3期連続で人手不足、8割が景気拡大を見込む
医療・福祉 8割の事業所が中途採用、人手不足が顕著に
採用専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。