処理ミスで死亡後9ヶ月「生存」

ざっくり言うと

  • 大阪府河内長野市で、住民基本台帳システムの運用でミスがあったと発表
  • 死亡届が提出された70代男性が、システム上では約9カ月間生存の状態に
  • 死亡後も年金が支給され、介護保険料約9万円を徴収していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング