半年間観光して約950万円稼げる!「世界最高の仕事」が絶賛求人中

写真拡大

日々ツラい仕事に明け暮れていると、こんな妄想をしてしまうことがある。温かい観光地でのんびり過ごし、おいしいものを好きなだけ食べたり飲んだりしたい。できれば、それでお金も稼ぎたい......。そんな夢のような条件をすべて満たしてくれる仕事が、現在求人中だ。

「世界最高の仕事(ベスト・ジョブ・イン・ザ・ワールド)」と名付けられたこのキャンペーンは、オーストラリアの政府観光局が行なっているもの。2009年にも行われ、そのときは南国の楽園「グレートバリアリーフ」に浮かぶ島の管理人(ただ、暮らしているだけでOK!)のポジションをめぐって世界200カ国から約3万5000人が応募したという。

今回は大きく幅を広げ、6つの職種で募集。カンガルー島のコアラの世話係、グレートバリアリーフのクルーズ体験、西オーストラリア州のレストランで食べまくる「味見マスター」、ニュー・サウス・ウェールズ州でのVIPイベントやパーティのレポート、メルボルンで写真家の勉強などを体験できる仕事を用意している。正直、どれも「労働」とは思えない内容だ。

しかも、報酬だって抜群に良い。合格者6人には、6か月間の雇用契約に加え、給料として10万豪ドル(約950万円)が与えられる。もちろん、休みの日は観光地を存分に満喫していい。

応募資格は18歳以上で最低6カ月はオーストラリアで働ける人。もちろん、日本人も大丈夫だが、英語ができないと話にならないだろう。詳しい条件や応募方法は以下の公式サイトで確認して欲しいが、すでに15万件の応募が寄せられているという報道もある。締め切りは4月10日なので、終了時にはもっと多くの人が殺到していることだろう。

破格の条件だけでなく、競争率の激しさも、さすがは「世界最高の仕事」といったところか。


ベスト・ジョブ・イン・ザ・ワールド(世界最高の仕事)