「第2回将棋電王戦」PV第2弾が「かっこよすぎ」「泣ける」「名PV」と話題に

写真拡大

5人のプロ将棋棋士がコンピュータ将棋ソフトと団体戦で戦う「第2回将棋電王戦」が3月25日に開幕、人間対コンピュータという歴史に残る戦いの火蓋がついに切って落とされた。

第一局・阿部光瑠四段 VS 習甦では阿部四段が勝利し、まずプロ棋士側が先勝したかたちとなったが、終局と同時にニコニコ動画で公開された「第2回将棋電王戦」第二局 佐藤慎一四段 VS PONANZAのPVが「かっこよすぎ」「泣ける」「いいPVだ」と早速話題となっている。

第一局時に東京・六本木のニコファーレで行われた大盤解説会でも、解説の阿久津主税七段が「映画みたいですね」「棋士がカッコよく描かれてます」と舌を巻いていたこのPVは、各対局ごとに制作され、現時点では第一局・阿部光瑠四段 VS 習甦、第二局・佐藤慎一四段 VS PONANZAの2つが公開。

第1弾は「このままじゃみんないかんと思ったでしょう」「おい、みんながんばれよ」という日本将棋連盟前会長 故・米長邦雄氏のメッセージを導入に非常に高いクオリティを誇っていたが、今回公開された第2弾もそれに勝るとも劣らない完成度となっている。

第2弾PVで「26歳 年齡制限ギリギリでプロとなった遅咲きの勝負師」というコピーで紹介される佐藤四段は、これまでにもニコ生解説などで自慢のギターを披露しており、「ギターの棋士」「サトシン」「ギタシン」といった愛称で親しまれている。

公開されたPVでも尾崎豊の「僕が僕であるために」を弾き語りで歌い、子どもたちと触れ合う佐藤四段の姿――そこに突如に「いや だってこれ何ですかね、1億ノード……違うな、ん?」第二局のコンピュータ側「ponanza」制作者山本一成の映像が映し出される。

コンピュータ、テクノロジーという繋がりから音楽には、フランスのエレクトロ・デュオ、ダフト・パンクの楽曲「Human After All」を使用するなどなかなかのこだわりようで、第二局への期待感を否が応にも掻き立てる仕上がり。

このPVの中で、佐藤四段は「(故・米長邦雄氏にむけて)捧げるというか、遠くから見てるとして、”勝ったぞ”ということは言いたいですね」と話している。

4月20日まで開催される「第2回将棋電王戦」は、第22回世界コンピュータ将棋選手権で好成績を挙げた上位5チームの最強コンピュータと、現役のプロ棋士5人による史上初の団体戦。

1日1組の対戦で全5局を実施し、結果3勝した方が勝者となる。

持ち時間は人間側、コンピュータ側ともに4時間。

「その棋士は 救世主か? 犠牲者か?」――第二局は3月30日、佐藤慎一四段 VS ponanzaの対局となる。