●超秘伝忍法

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© MarvelousAQL /『閃乱カグラ』パートナーズ

TVアニメ「閃乱カグラ」がAT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
飛鳥:原田ひとみ
斑鳩:今井麻美
葛城:小林ゆう
柳生:水橋かおり
雲雀:井口裕香
焰:喜多村英梨
詠:茅野愛衣
日影:白石涼子
未来:後藤沙緒里
春花:豊口めぐみ
霧夜:藤原啓治
半蔵:山本兼平
凛、鈴音:三森すずこ
大道寺:浅川悠
道元:小杉十郎太

●ストーリー
忍―。それは遥か昔、戦国の世にあった影(かげ)の存在。人の中に隠れ、探り、煽り、騙し、壊し、そして殺す―。あらゆる闇の仕事を引き受けていた陰(かげ)の存在。いつしか人々の心から消え去り、おとぎ話のように語られるだけになってしまった翳(かげ)の存在。しかし、彼らが人々の心から消え去ろうとも、人々の業が変わることはない。いまだ闇の世界に生きるものは必要とされ続けている。忍は今も存在しているのだ。
現代の忍の雇い主は、政治家や大企業の幹部たち。強大な権力を持った彼らの中には、忍を己の欲を満たすための道具と考えているものもいる。そんな闇に動かされた“悪忍”たちに対抗するために、政府はあるプロジェクトを立ち上げた。“善忍”―そう呼ばれる国家所属の忍を育成する機密プロジェクトである。そして“善忍”を育成するために作られた機関が「内閣特務諜報部諜報―課付特殊機密諜報員養成所」―通称、忍学科。学生数1000人を抱える名門マンモス進学校「国立半蔵学院」の知られざる裏の姿。
この物語は悪と戦う“善忍”となることに青春を捧げた、
国立半蔵学院忍学科に籍を置く5人の少女たちの愛と勇気の軌跡である。
●道元の狙い
秘立蛇女子学園の首領、道元。彼が狙うのは超秘伝忍法書の陰と陽。そして今、その2つが揃った状態ですが…。

天守閣まで急ぐ斑鳩と葛城。しかしながら、何者かが斑鳩に天守閣までの道筋を示した矢文を彼女に渡したのですが、これは蛇女子学園に味方がいることを意味します。

そしてその様子を伺うのは鈴音、そして霧夜と大道寺。鈴音の目的は一体…。
●合体忍法
斑鳩と葛城の前に立ちふさがるのは日影と詠。しかし、詠は斑鳩の過去を知ってしまった事で闘志が薄れてしまったようです。そのためなのか斑鳩と葛城の侵攻を許してしまいます。

春花によって監禁されている雲雀、そこにやって来たのは柳生。そして命駆になり、

雲雀「秘伝忍法、兎さんお願い!」
柳生「秘伝忍法、烏賊召喚!」


何と合体忍法で窮地を乗り切る2人。これには春花と未来も参った模様です。
●共闘
飛鳥と焰の戦い。2人とも命駆の状態になり全力を尽くしているのですが、ここで道元からの連絡が入ります。

道元「その娘を連れて天守閣へ来い!」

つまり超秘伝忍法書を使用するためには超秘伝忍法書を使える対極の存在が必要となり、その資質を持つのが飛鳥と焔。

しかしながら、道元は組織を裏切り独断でそれを為しています。もはや彼に従う道理は無く、蛇女子学園側も半蔵学院へと共闘をする事になります。
●みんなの思い
焔「命駆で突撃してやる!」

そう焔が命を捨てて捨て身の突撃をしようと全身炎に包みこみますが、そんな彼女を止めたのは飛鳥。

飛鳥「そんな簡単に命を捨てちゃ駄目だよ!」

それは飛鳥がみんなを信じる心があるから。そんな飛鳥に応えるように半蔵学院と蛇女子学院のみんなが力を合わせて2人に力を与えます。

鈴音「共闘!?」

霧野や大道寺も驚きますが、これらはある意味必然の結果といえます。
●道元、滅びる!
追い詰められた道元ですが、天守閣の自爆とくびきの術で蛇女子学園全員を殺害しようとします。

それを救ったのが鈴音。自らを犠牲にして道元の暴走を止める事に成功しますが…。

それから暫く後、飛鳥も昇段試験に合格し、漸く忍としてのスタートラインに立つ事が出来た感もありますが…。

そう言えば蛇女子学園のみんなはどうなったのでしょうか?少なくとも彼女達が死亡した旨の報告は無く、蛇女子学園の跡地のみが虚しく残るのみ。

いつか再び出会える、そんな日を信じて…。

「閃乱カグラ」、今回で終了です。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「閃乱カグラ」第11話「それぞれの過去」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第10話「侵入、蛇女子学園!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第9話「雲雀、蛇女子学園に入学する!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第8話「回想」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第7話「這緊虞(はいきんぐ)」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「閃乱カグラ」TVアニメ公式Webサイト
「閃乱カグラ」AT-X公式Webサイト