『聖闘士星矢Ω』新章「新生聖衣編」ニュークロスのデザイン発表、緑川光「フィギュア化してほしい!」-TAF2013ステージイベント

写真拡大

今年4月から新章に突入し、現在の第1シーズンの物語も残すところ1話となったTVアニメ『聖闘士星矢Ω』のステージイベントが24日、東京ビッグサイトで開催された「東京国際アニメフェア2013」の中で行われた。

ステージには『聖闘士星矢Ω』で、主人公・天馬座(ペガサス)の光牙役を演じる緑川光と若林豪プロデューサー、4月から放送が始まる第2シーズンで主題歌「未来聖闘士Ω〜セイントエボリューション〜」を歌う流田Projectが登壇。

ステージは、緑川による光牙「輝け俺のコスモ! ペガサス流星拳!」キメ台詞とともに始まった。

緑川による生流星拳に続いて若林プロデューサーは、「役者の人と違って、かっこいいことが言えなくて、役者さんがうらやましいですが、心のコスモは負けていません」とあいさつ。

放送開始からまもなく1年を迎える『聖闘士星矢Ω』だが、緑川は「当初から叫ぶとは思っていたのですが、想像以上に叫んできました。

これまでもいろいろな作品に出演してきましたが、ここまでクライマックスが多い作品はありませんでした。

最後は、倒れるんじゃないかってくらい大きな声を出しましたが、無事に1年間演じることができました」とこの1年を振り返る。

若林プロデューサーは「まだ、絶賛作業中なので言っていいのかわかりませんが、1年目の最後ということでいろいろと仕掛けを用意しています。

そのために、先日、第1話からすべてを見なおしたのですが、あっという間でした。

最終的には、光牙の成長の物語だったんだなと思います」と話し、第1シーズンのラストにも何らかのサプライズがあるのかもしれない。

この1年間の放送の中から緑川の印象に残ったバトルから3つを紹介する「緑川光が選ぶ! 印象に残ったバトルTOP3!」では、第3位が第20話「アリアのために! エデン、怒りの雷撃!」、第2位が第27話「旅の終焉! 少女の光と若者たち!」、そして第1位には来週放送の第51話「輝け光牙!! 光と闇の最終決戦!」というベスト3に。

第1位と最終話を選んだ緑川は「これを選べば、もしかしたら少しだけ流してもらえるかなと思ったんですけど、ダメでした」、新生聖衣(ニュークロス)編」は「流したいんですけど、絶賛制作中なので」とつぶやいたが、「少しだけでも話せる内容はないですか?」という司会からの粋な質問が。

すると、緑川から「普段の倍以上のカット数です。

激しく動いています。

アフレコをやっていて、普段も大変なんですが、最終話は本当に展開が早く大変でした」と最終話のアフレコの様子がほんの少しだけ明かされた。

そして話題は、4月からスタートする新章「新生聖衣(ニュークロス)編」へ。

新章に臨むむにあたり、緑川は「最近は1年ものの作品が少ない中、1年ものの作品で仕事をさせていただけるのは、奇跡に近いのでうれしいです」と喜ぶも若林プロデューサーからは「叫んだり、苦しんだりする回がたくさんありますので、期待しています」とプレッシャーがかけられる。

新章では、そのタイトルが示すように「聖衣」(クロス)のデザインがリニューアルされるが、今回は光牙が纏う天馬座(ペガサス)のカラー設定資料もお披露目。

スクリーンに映し出された光牙の新聖衣とオブジェ形態を今日はじめて目にしたという緑川は「初代『聖闘士星矢』にはオブジェ形態があり(『聖闘士星矢Ω』にはなかったので)ちょっと寂しいなと思っていました。

うれしいです! おもちゃ好きとして、フィギュア化されたらいいなと思います」と早速フィギュア化を切望していた。

ニュークロスの発表に続いては、新主題歌のお披露目で、4月からの新オープニングを歌う流田Projectがステージに登場。