「タネから育てる」新商品

写真拡大

サカタのタネは2013年3月22日、園芸用品「タネから育てる」シリーズから「そのまま植えられるポット」「かんたんらくらくタネまきセット」を新発売した。種から育てることで、苗で売られていない品目・品種でも栽培できる。また植物が生育環境に慣れるため、定植後もスムースに育てられるという。

自然に還る「ピートモス」を使用

「そのまま植えられるポット」は、通気性・保水性に優れ、自然に還る素材「ピートモス」を使用。ポットのまま土に植えられるため、根を傷つけずに移植できる。

サイズ(口径)は、5.5センチ(希望小売価格・198円)と、8センチ(298円)の2種類で、いずれも8個入り。40個入り(5.5センチ、980円)には専用トレーが付いている。種からの栽培を敬遠しがちな「初心者」をターゲットに、従来品よりも個数を減らす一方、提供価格を安価に設定した。

「かんたんらくらくタネまきセット」(698円)は、種まき・さし芽用の培養土と、36の穴が開いた専用トレーとのセット。透明な上ぶたを被せることで、出芽用の「保温箱」としても使える。いずれも全国のホームセンターで販売される。