金属職人と革職人が作り上げた、滑らかかつ頑強な「アタッシュケース」

写真拡大

モンドデザインは、廃タイヤチューブをリユースしたバッグ、スニーカーを展開する「SEAL」ブランドから、「フライトアタッシュケース」を3月22日に販売した。

同商品は、航空機部品を扱う金属職人がアルミ合金を加工し、革職人が一つひとつ丁寧に縫製して仕立てたアタッシュケース。

美しい金属のフォルムを作り出すため、金属職人の手の感覚により数ミクロンの単位にて加工を行った。

航空機部品でも使われるアルミ合金をプレスし、滑らかな曲線を実現している。

ケース内部はアルミ合金で保護。

更にビジネスシーンでの利用を想定し、内部にはノートパソコン用の専用ポケットなど、大小9つの収納を設置している。

カラーはシルバーとブラックの2色。

同商品は3月22日より、SEAL東京表参道本店・大阪南堀江店と公式通販サイトにて販売している。

5月以降は、全国のセレクトショップなどの取扱店にて順次販売を行う。

価格は5万1,450円。