静岡県はままつフラワーパークで30万球のチューリップ、1,300本の桜が満開

写真拡大

はままつフラワーパーク(静岡県浜松市)では、3月23日から「チューリップフェア」と「桜まつり」を開催している。

3月29日からは、総長1,600メートルの桜並木をライトアップする「夜桜開園」を実施する。

「チューリップフェア」と「桜まつり」では、国内最大規模となる30万球もの色とりどりのチューリップが次々と開花し、1,300本の桜との競演が楽しめる。

ソメイヨシノは3月下旬〜4月中旬、八重桜は4月上旬〜下旬が見ごろだという。

期間中は、はままつフラワーパークオリジナル和菓子「夜桜餅」を限定発売するほか、B級グルメも味わえる飲食ブースも出店。

チンドン屋「浜松花蝶ちん」も登場する。

その他、「星空観望会〜惑星の夕べ〜」や「神出鬼没!大道芸パフォーマンス」も行われる。

「チューリップフェア」及び「桜まつり」実施期間中(3月23日〜4月21日)の入園料は、大人700〜1000円。

小・中学生は350〜500円(入園料は花の咲き具合により変動)。

3月29日〜4月10日の18時以降の入園料は、大人500円、小・中学生200円。

開園時間は3月23日〜28日は9時〜18時。

3月29日〜4月10日は8時〜21時。

4月11日〜5月6日は9時〜18時。

5月7日からは平常通り16時30分までの営業となる。