タカラトミーアーツは4月18日から、キャンディー「チュッパチャプス」を溶かしてアイスキャンディーにできるキット「おかしなアイスキャンディーチュッパチャプス」を発売する。

同社は、定番のお菓子にプラスアルファの工夫をすることで、新しい食べ方を提案する「おかしなシリーズ」を2011年3月より展開。

これまでに9ラインを発売し、累計出荷数130万個を超える大ヒットシリーズとなっている。

シリーズの最新作の「おかしなアイスキャンディーチュッパチャプス」は、キャンディーとの初のコラボレーション商品。

「チュッパチャプス」を好きな飲みものに溶かして冷凍庫で凍らせると、直径約6cmのアイスキャンディーを作ることができる。

キットには「回転器具」が入っており、アイスを作る際にチュッパチャプスを溶かす「高速回転口」と、出来上がったアイスキャンディーをくるくる回しながら食べることができる「低速回転口」が付いている。

「回転器具」を使い分けることで、作る楽しみと食べる楽しみの両方が味わえる。

また、アイスにする「チュッパチャプス」は2本以上溶かすことも可能。

どのフレーバーを組み合わせるか、どんな飲みものと合わせるかによって、様々な味が楽しめるという。

同商品のカラーは「ストロベリーカラー」「コーラカラー」の2種。

本体(チュッパ容器、チュッパ棒、回転器具、漏斗(ろうと)、キャップ)と取り扱い説明書付。

価格は1,575円。