相場上昇中の今が狙い目! 「株365」で配当をもらいながら長期投資という戦術

写真拡大

 「CFD…短期売買向けのハイリスク金融商品」というイメージを持つ人もいるかもしれない。確かにCFDでは証拠金を預けることでレバレッジを効かせた取引が可能だ。一方で長期で配当をもらいながらじっくり保有できる性質を併せ持つ点をご存じだろうか。

 折しも3月末の配当取りの時期が近づいている。今回は株や先物では真似できないCFDによる長期投資のメリットについて紹介しよう。

 ここで紹介するのは、「株365」と呼ばれる東京金融取引所が2010年に開始した比較的新しいCFD商品だ。「株365」では、株価指数(日経225、独DAX、英FTSE100、中国FTSE25)についてすべて円建てで取引ができる。

 株365の日経225では、証拠金3万3000円を預けると、実質約124万円(日経平均の100倍の金額)の取引ができる(3月19日時点)。最大レバレッジは38倍にもなる。ただし、それは証拠金を3万3000円しか預けなかった場合の話だ。実質取引する金額と同額の124万円の証拠金を預けた場合、レバレッジは1倍、現物の日経225ETFを買った場合とリスクは同程度に軽減できる。

 つまり、株365は、ハイリスクな短期売買、ローリスクな長期投資、どちらにも利用できる金融商品と言える。

株365と他の金融商品の違いは何か?

 「日経平均を取引する」という意味では、日経225のETFや先物と似ている。「配当をもらいながら長期投資」という観点から株365と他商品のメリット・デメリットを比較してみよう。

◆株365と「現物株取引」の比較

 金利がかからない点、銘柄の種類が多い点では現物株が有利。ただし、株365の金利は0.05%(2012年12月時点)前後ととても低い。また、長期投資でも低レバレッジをかけることで配当額を倍増できる。

 個別株の場合は倒産リスクがあるが、株365では倒産の心配がない。投資家が預けた証拠金は、原則的に全額保護されている。

◆株365と「信用取引」との比較

 制度信用取引で買い建てると、2%程度の金利がかかるため、配当相当額と相殺されてしまう。また、決済期限が6カ月と限られている。一般信用取引では決済期限が無期限でも、買い方金利は3%前後と制度信用より高く、「配当狙い」の長期投資はできない。

◆株365と「先物取引」との比較

 証拠金取引という意味では、株365の日経225は、先物取引の日経225miniと似ている。ただし、先物には配当自体がなく、3カ月ごとに決済期限が来るので短期売買向けの商品と言える。一方、株365で買い建てた場合、配当相当額が受け取れる(売り建てた場合は配当相当額を支払う)し、取引期限もない。

 取引手数料は若干先物の方が安いが、たまにしか取引しない長期投資という観点からすれば、1枚あたり約50円(先物)と約150円(株365)は、正直、大した差ではない。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)