【お金】新社会人、お金についてこれだけは考えておきたい5つのこと

写真拡大

卒業式のシーズンも終え、この4月から新社会人になる読者も多いと思います。学校を卒業し、実社会に飛び込む不安もあれば、わくわくした気分の人もいるでしょう。これから社会人になって、「働く」ということを学んでいくことになります。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

しかし、「お金」のことについて教えてくれることはほとんどありません。学生が社会人になる大きな変化は、仕事を通じて生涯数億円の収入を得て、それを上手にやりくりしていくことでもありますが、そのやりくり方法を勉強する機会がないのです。会社も仕事のやり方は教えてくれますが、お金の管理は「自分で考えろ」となってしまいます。

そこで、今回は新社会人向けとして「マネー必須知識」を5つアドバイスします。社会人になってからそろそろ20年になるファイナンシャルプランナーとして、「自分が新社会人のとき、知っておけばよかった!」というヒントをご紹介します。まだ20代の読者にとっても参考になるところが多いと思いますよ。

■1.「収入>支出」のバランスを意識する

いきなり新生活をスタートさせても、どれくらいお金を使っていいのか分からないことでしょう。大原則は「収入>支出」ということです。あなたの月収が20万円なら、1カ月に20万円以上使ってはいけません。当たり前ですが大事なことです。

しかも実際の手取りは16万円くらいになってしまいます。所得税・住民税・厚生年金保険料・健康保険料などが引かれるためです。だとすれば16万円の中でやりくりを考えなければなりません。さらに家賃や光熱費を引けば毎週自由に使えるお金はもっと下がります。

本当に自由に使える予算をチェックし、4で割れば一週間に使える金額のイメージがつかめます。「自分は1日あたりX千円くらい使える」ということを意識して買い物をすれば無理なく「収入>支出」が実現できますよ。

■2.自分にちょうどいいお金の使い方をみつける

私たちはお金の使い方を、周囲をみて考えます。同僚や先輩が毎日800円のランチを食べていると、自分も同じランチを食べるものかと考えてしまいます。しかし、お金の使い方は「自分」が評価基準です。

自分にとってちょうどいいお金の使い方を見つけないと、周囲に合わせるあまりお金が残らない人生になってしまいます。特に「使わなくてもいい」と感じる出費はしっかり抑えておくことが大切です。自分が使いたい予算を確保するためにも、ムダな出費は避けることです。

今の自分の稼ぎに見合い、今の自分の生活スタイルにちょうどいいお金の使い方を最初の数年で身につけていきましょう。将来年収が増えなくても、あるいはうまく年収がアップしても、ちょうどいい買い物をする技術は一生役立ちます。

■3.20代でお金は借りない

新社会人になると、クレジットカードを作れば数十万円の与信が得られますし、消費者金融やクレジットカードのキャッシングで30万円くらい借りるのは簡単です。しかし「借りられる」と「借りていい」はまったく別ものです。

20代なら、借金をしなければならない買い物は基本的にしなくてもいいぐらいです。むしろ「あと3カ月仕事をがんばってボーナスで買おう」とか「毎月1万円貯めて半年後に旅行行こう」というように自分のお金で自分の満足を買うことが社会人にとって大切です。

CMが借金をカジュアルに薦めてくるのと、実際に借金をしていいかは全く異なります。借りたお金は必ず利息をつけて返さなければならず、つまりは高い買い物をするのと同じです。家を買うとき初めてお金を借りた、くらいでもいいのです。

■4.ボーナスは基本的に残す

3カ月ほど仕事をがんばると、初めてのボーナスが出ます。新卒社会人はまだ3カ月しか働いていないので、ボーナスが半分くらいのところもあれば、満額もらえるところもありますが、今までなかなか手にすることのなかった大きな金額が振り込まれます。

ここで「がんばったごほうびに○○を買おう!」とムダづかいしてしまわないよう注意が必要です。これからの人生は「いくら貯めておいたか」が勝負になります。それは30代も40代も、60歳になっても同じです。そして、まとまったお金を一気に貯めるいいチャンスがボーナスなのです。

確かに大型家電や家具など高額の買い物にボーナスは便利です。しかしボーナスをぱっと使う場合も少なくとも半分は残しておくようにしましょう。30歳になったとき、ちょっとした財産になり、あなたの生活設計をラクにします。

■5.親には感謝!

社会人になってみると、「こんなに働いて、給料はこれだけ?」という現実が分かります。それと同時に、自分の親が自分をここまで育ててくれたことのありがたさも分かると思います。子どもを一人前に育て上げるためにかかるお金は1000万円とも2000万円ともいわれます。実は、あなたをここまで育てるため、親は必死に仕事をして働いてきたわけです。

最初のお給料が出たらぜひ、親への感謝の気持ちを込めて、何か親にプレゼントを贈ってあげてください。金額は小さくてもいいのです。「初任給で親にプレゼントなんてカッコ悪い」とか意地を張るとあとあと後悔します(実は私、初任給で親にプレゼントしなかったので、今で20年たっても後悔しています)。

結婚のとき、家を買うとき、子どもが生まれたとき、また親に経済的支援をしてもらうことがあるでしょう。気持ちよく親との関係を維持するためにも、気の利いたお祝い、考えてみてください。

こちらのレポートもどうぞ!
【就活】SNSで不採用に!? 現役人事が明かす、面接者の"書き込み"が選考を左右した実例 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12689 ]
現役人事が語る、"社会人"になる前にチェックすべき5つの超基本 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12777 ]
節約できる人とできない人の違いは? 将来困らないためにお金を貯める3つの習慣 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/9934 ]
まさかコンビニATMで手数料とられてない? 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10646 ]
「いつまでも返済が終わらない!」惨事になる前に。FPが教えるクレジットカード・リボ払いの落とし穴 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10394 ]