なんと1か月で1億円以上! 活況を呈する株式マーケットでは、桁違いの額の利益を上げる投資家が現われ始めている。「アベノミクス・ドリーム」を実現した33歳の個人投資家・「武者修行中」氏に話を聞いた。

 * * *
 私は育児をしながらトレードをするシングルファーザー・トレーダーです。平日は早朝から夕方までトレードに没頭し、週末だけ元妻に子供を預けて、家賃12万円のセカンドハウスでリフレッシュする生活を送っています。

 トレードは1〜2日で売買を完結させる短期スイング取引が中心です。この1月は1.4億円、2月は1.2億円、3月はまだ半ばながら1.5億円以上のプラス。3月には投資人生最高の前日比4600万円増もあり、資産5億円を達成しました。年内10億円を目標にして、それまでは強気に攻めようと考えています。

 今は世界中のマネーが日本の株式市場に集まってきているイメージです。ファーストリテイリングやソニーなどの超大型株でさえ日替わりで10%も動くような「世界全員参加型」の相場。そのような相場はなかなか下がらない。一時的な下落はあっても、15年くらいまで上昇相場が続く可能性があると見ています。

 今後の相場は7月の参院選がキーポイントです。今の上昇相場も政治がきっかけでした。毎年、株価が調整局面に入りやすい4〜5月に気をつけ、6〜7月からまた選挙をきっかけに年末までいい相場が続くビジョンを持っています。

 注目されるのはネット選挙関連です。党首討論をネット中継したドワンゴ(東証1部・3715)、ツイッターの日本語版を運営するデジタルガレージ(ジャスダック・4819)、政治情報プラットフォーム「政治山」を展開するパイプドビッツ(マザーズ・3831)などです。

 続いて、造船株。2007〜2008年、バルチック海運指数(鉱石や穀物を運ぶばら積み船運賃の総合指数)が高騰したとき、海運業が活発になると造船受注が増えるという連想から、海運株の後に造船株が上がりました。

 今回も、「TPPで貿易が活性化」→「造船受注の増加」という流れから、三井造船(東証1部・7003)や佐世保重工業(東証1部・7007)、日立造船(東証1部・7004)には注目しています。特に、三井造船はメタン・ハイドレートという新しいテーマもあり、期待が持てます。

※週刊ポスト2013年4月5日号