夏目三久、鈴江アナのメールに涙!?『真相報道バンキシャ!』新MC就任の意気込みを語る

写真拡大

 毎週日曜日18時から生放送されている情報番組『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)で新MCに就任するタレント・夏目三久。現在リハーサルを重ね、初登場となる4月7日の放送に備え準備をしている夏目が囲み取材に応じ、現在の心境を吐露した。かつてアナウンサーとして勤めていた古巣の日テレに戻ってきた夏目は「素直に嬉しいです。でも、今は喜んでいるよりも、報道番組に携わるという緊張感の方が大きいですね」と語った。また、産休に入る前任のMC・鈴江奈々(日本テレビアナウンサー)とのやり取りを明かし、「(出演が決まって)すぐにメールをくれて、“三久ちゃんで良かった”と言ってくれました。また、“アットホームな番組だから、スタッフを信じて臨めば大丈夫だよ”と。涙が出そうになりました。(日テレに)入社した時からお世話になっていて、仲が良くて、尊敬している先輩です。そんな鈴江さんの後というプレッシャーもありますが、一方で責任感も強くなりました」と意気込んだ。

 「マツコ&有吉の怒り新党」で共演しているマツコ・デラックスと有吉弘行には「がんばって」と激励されたという夏目は、「今までは、ゆったり、まったりとした収録番組が多かったので、生放送のテンポがまだ掴めていません」と率直な不安を吐露。そんな中、コンビを組む福澤朗について「優しく温かい、兄貴分といった雰囲気の方。どのように(自分を)調理して下さるか、楽しみです」とその印象を語り、「福澤さんからは、もっとテンションを上げたり、テンポ上げた方が良いなど、アドバイスをいただいています」と、すでに良き師弟関係を築いている様子。そして夏目自身、アナウンサー時代を含めて初めてだという“報道”で“生放送”という挑戦に向けて「新聞を音読する訓練を始めました。アナウンサー時代に、視聴者の方々に伝えるために一度自分の中で咀嚼してから発声するということを学び、それを再びやり始めています」と、本番に向けた準備について語った。

 夏目は「まだどのようにしたいとか考える余裕はありませんが、まずは噛まないようにしたい」と語り、今回の抜擢に対して「こんな私に任せてくれるなら、という思いで(オファーを)受けました。迷惑をかけないように、また、昔お世話になった(日テレの)スタッフの方々に“夏目、ちゃんと成長したな”と思われるように、精一杯がんばりたいです」と、謙虚な物言いでありながらも、熱意が込もった表情でコメント。そんな中、これまで「怒り新党」での服装が話題になってきたことを受け、記者が「今回は報道ですが、どんな服装で?」と聞くと「もちろん、ちゃんとした格好をします(笑)。何よりも“ニュースを分かりやすく伝える”ことが一番大事なので、私の服装に余計な目が向かないように……」と、笑顔を見せた。夏目は、4月7日の放送で新MCとして初登場。報道の「夏目三久」がどんな活躍を見せるのか、注目したい。

■『真相報道バンキシャ!』
毎週日曜日18:00〜18:55(日本テレビ系)