フェンディのアート巡回展 東京藝術大学で4月スタート

写真拡大

 「FENDI(フェンディ)」の巡回展「FENDI-UN ART AUTRE 〜フェンディもうひとつのアート、クリエイションとイノベー ションの軌跡〜」が、世界に先駆け日本で初開催される。美術史家で美術評論家のEmanuela Nobile Mino(エマニュエラ・ノビーレ・ミーノ)が監修。東京藝術大学大学美術館の展示室で4月3日にスタートが予定されている。

フェンディの巡回展、日本からスタートの画像を拡大

 「FENDI-UN ART AUTRE 〜フェンディもうひとつのアート、クリエイションとイノベー ションの軌跡〜」は、創業以来受け継がれてきたアートとクラフトの集大成として、デザインの美しさとイタリアの伝統的なクラフトマンシップのもつ世界観を表現することを目的に企画された。

 会場内に3つの部屋に分け、1960年代から現在に至るまでの歴史や実際に使用されたアーカイブなどを展示。第1の部屋では、1960年代から今日までのブランドの進化の過程を視覚と触覚をもって体験でき、第2の部屋では、1970年から今年にかけて制作された作品30点とその構図タブレットやスケッチなどで展示。そして第3の部屋では、ウェアの創作・製作過程を見ることが出来るファーアトリエ(公開工房)が設置される。会場には趣向を凝らしたサウンドトラックが流される予定だ。

■「FENDI-UN ART AUTRE ~フェンディもうひとつのアート、クリエイションとイノベー ションの軌跡~」
 会期:4月3日(水)〜29日(月・祝)
 会場:東京藝術大学大学美術館 展示室3・4
    〒110-8714 東京都台東区上野公園 12-8
 時間:10:00~17:00 入館は閉館の30分前まで
 休館日:毎週月曜日(4月29日は開館)
 観覧料:一般 1200 円
     高校・大学生 700 円
     (中学生以下無料、税込)

 問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
 URL: http://www.geidai.ac.jp/museum/