福岡県博多で大人の夜遊びを1万円で! 「はしご酒パック」はラーメンで〆る

写真拡大

九州最大の歓楽街、中洲(福岡県・博多)。

クラブやラーメン店がひしめき、地元客や観光客・出張族で連夜賑(にぎ)わう。

ここでいま話題を集めているのが「中洲はしご酒パック」。

なんと1万円でクラブ、スナック、バーをはしごして〆のラーメンまで楽しめる驚きの商品。

本当に1万円で楽しめるのか、実際に体験してみた。

福岡市の中心部を流れる那珂(なか)川。

博多湾に注ぐ手前で川は2本に分かれ、川に挟まれて中州状の土地が広がるが、ここがくだんの歓楽街・中洲だ。

全国的にもよく知られた歓楽街で、クラブやスナック、バー、居酒屋、ラーメン店、風俗店など、約3,500もの店が軒を連ねる。

昔から、地元はもとより全国からの出張族の仕事疲れを癒やすオアシス的存在として人気の街で、今でも福岡を訪れたら一度は行きたい歓楽街となっているようだ。

ただ、中洲は初めてという人にとっては、店舗数が多いことはマイナス要素だ。

なんせ、どこを選んでいいのか迷ってしまう。

また。

最近減ったとはいえ、不当に料金を請求する店もあるため、ますます悩むはめになる。

と、そこへ、今年に入ってから新たに登場した商品が話題になっている。

クラブなどを3軒はしごして、〆のラーメンまで1万円ポッキリで楽しめるというパック商品だ。

商品名はずばり「中洲はしご酒パック」。

その内容を見てみると、はしごできる店はクラブ、キャバクラ、スナック、ガールズバーとバラエティ豊か。

もし「初中洲」で、しかもひとりだったら入店をためらうような店が並んでいて、逆に期待に胸が高まる。

ただ、ちょっとした決まりごとがある。

まず、はしごする店があらかじめ用意されており、1軒目は「はしご酒パック」に参加している2店舗のクラブとキャバクラから、好きな方を選ぶことになっている。

2軒目はスナックかガールズバーの好きな方、3軒目は2軒のバーのうちのどちらか、そして、〆のラーメン店も2軒のうちどちらかを選ぶ。

入店する時間も決まっていて、1軒目は20時から20時30分の間に入店し、店での滞在は60分間。

2軒目は21時35分から22時の間に入店し、こちらも滞在は60分間。

3軒目とラーメン店は営業時間内であればいつでも入店オーケーとなっている。

注意したいのは、繁忙日の金曜日と店が休みの日曜日は利用できないこと。

さらに、このパックを利用しての1日の入店人数も制限があり、例えば1軒目にクラブを選んでも、そこが既に規定人数に達していればキャバクラへ案内される。

時間や人数などに制約はあるものの、このパックを企画しているのは中洲でも歴史と信用がある不動産会社。

店のセレクトは間違いなさそうだし、安心して飲めそうだ。

実際、この商品の登場をきっかけに、初めて中州を訪れたという人も多いという。

中には、スナックやキャバクラ未体験のサラリーマンもいるとのこと。

また、こちらの商品がメディアで話題になっていることも、安心して利用できる理由のひとつかもしれない。

「キャバクラはぼったくられそうで怖い」と思っていた人でも、これなら不当な追加料金を請求されることはないと確信できる。

パックの規定にも1軒目と2軒目の店は、店側があらかじめ用意したアルコールやソフトドリンクなどは飲み放題、ホステスの飲み物もこれらの中から選んでもらうと、追加料金はいらないと明記されている。

それに2軒目ではカラオケも歌い放題だ。

なお、パックはチケット制で、チケットぴあかセブンイレブンで端末を操作して購入。

1シートに4軒分のチケットが印刷されており、入店ごとにチケットを切り離して支払うスタイルになっている。

また、希望日に確実に利用しようと思ったら、インターネットから予約する方が賢明のようだ。