ゴボウ、納豆、ケーキ、生ハムetc…冷凍保存可能な食材を調べてみた

写真拡大

賞味期限の短い食材は大量に購入すると腐らせてしまうので、まとめ買いには向きません。

しかし、欲しいときに限って冷蔵庫にないこともしばしば。

そんなとき、冷凍庫にストックがあれば、季節を問わず欲しい食材が手に入り、保存の仕方によっては料理時間も短縮できます。

そこで今回は、ふだんは冷凍しないけれど、冷凍すると便利な食材をご紹介します。

■朝ご飯に欠かせないあの食材を冷凍・パンパンは冷凍状態のものが売られているほど、冷凍が一般的になりつつあります。

食パンはあまったら真空袋に入れて冷凍保存。

凍ったままトースターで焼けるので、忙しい朝でも安心です。

ただし、水分を含んだ野菜(レタスやトマト)などを使ったそうざいパンは、解凍後に風味がかわりやすくフレッシュさがなくなってしまうのでお勧めできません。

・納豆スーパー特売品の定番でもある納豆も冷凍できます。

パックのままだと水分が失われてしまうので、真空袋などで包んだあと冷凍庫へ。

前日の晩に冷蔵庫に出して解凍すれば、翌朝おいしく食べられます。

■常にストックしておきたい便利食材を冷凍・ハム、ソーセージ、ベーコンなどの加工肉小分け袋で空気を抜いて保存しましょう。

ベーコンなどは切り分けて保存すれば、料理に使うとき切る手間がはぶけ、朝のお弁当作りなどにも重宝します。

これらは加熱調理すればうまみが引き出されるので、おいしさがあまりそこなわれません。

生ハムは冷蔵庫で解凍後、そのまま生でOK。

・ニンニク、しょうがなどの薬味一片ずつ切り分けてから、まとめて真空袋へ。

ニンニクは皮をはがさないで保管することで水分の蒸発を防げます。

使いたいときに一片ずつ取り出し、ちょっと置いておくだけですぐ切れるので、使い切るのが難しい薬味もおいしく保存できます。

■いろんな野菜を冷凍賞味期限がわかりづらく、夏場などはついつい腐らせてしまいやすい野菜。

水分が多いものは、解凍後に加熱調理することで、それほど違和感なく食べられます。

余らせやすいごぼうや大根、キャベツなどは事前に切り分けて下処理をしておくことで、解凍後すぐに調理可能です。

■おいしいスイーツを冷凍して常時ストック食材ではありませんが、番外編としてオススメの冷凍可能スイーツをご紹介。

これでいつでもおいしいスイーツが楽しめること間違いなし!・ケーキラップなどでしっかりと包んでから、密封容器で冷凍。

自然解凍したらそのまま食べられます。

半解凍だとアイスケーキのようになり、暑い夏でもペロッと食べられます。

ただし、フルーツを多く使ったものは、完全に解凍してしまうとベチャベチャになってしまいますのでご注意を。

・ヨーグルト食べきりパックなら、そのまま冷凍可能。

解凍後は少し水っぽくなるので、少し凍った状態でフローズンヨーグルトとして食べるのがオススメ。

是非いろいろ試して、自分なりのかしこい冷凍ストック術を見つけてみてください。