<メイバンク・マレーシアオープン 3日目◇23日◇クアラルンプールG&CC(6,967ヤード・パー72)>
 マレーシアにあるクアラルンプールG&CCで開催中の欧州ツアー「メイバンク・マレーシアオープン」。連日の悪天候によりサスペンデッドを繰り返す今大会、54ホールでの決着に短縮されることが決定した。翌24日の最終日は、第3ラウンドの残りホールを消化する。
 36ホール終了時点で日本ツアーでもお馴染みのキラデク・アフィバーンラト(タイ)がトータル11アンダーで単独首位に立っている。マスターズ歴代チャンピオンの1人、チャール・シュワーツェル(南アフリカ)が1打差のトータル10アンダー単独2位。さらに1打差の3位タイグループにはエドアルド・モリナリ(イタリア)やパドレイグ・ハリントン(アイルランド)ら7名がつけている。
 日本勢から唯一予選を突破した小林正則はトータル1アンダー42位タイで最終日に臨む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報とプロを目指した男が語る試打レポートはこちらから
ダイキンなど最新フォトを一挙更新!女子プロ写真館
噂の新企画「今日の美ゴ女」って何?
女子会場からお届け!LIVE写真館はここから