相性抜群の大会で単独首位に立ったT・ウッズ、絶好の位置で最終日を迎える(Photo by David CannonGetty Images)

写真拡大

<アーノルド・パーマー招待 3日目◇23日◇ベイヒル&ロッジ(7,381ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるベイヒル&ロッジで開催中の「アーノルド・パーマー招待」の3日目。大会連覇、そして今季3勝目に向けて、タイガー・ウッズ(米国)が単独首位に浮上した。
 今大会7勝と相性抜群のウッズは前半から3つのバーディを奪取。後半に入っても16番パー5でイーグルを奪うなどさらに3つスコアを伸ばし、1イーグル5バーデイ1ボギーの“66”でラウンド。スタート時点首位タイのジャスティン・ローズ(イングランド)やビル・ハース(米国)が伸び悩む中、単独首位に躍り出た。
 2打差の2位タイグループには、2日目首位につけたジャスティン・ローズやこの日5つスコアを伸ばしたリッキー・ファウラー(米国)、ジョン・ハー(米国)ら3人がつけている。
 今大会予選突破を果たし、さらなる上位進出に期待のかかった石川遼の3日目は、3バーディ3ボギーの“72”。順位を4つ落とし61位タイで最終日に臨む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報とプロを目指した男が語る試打インプレはこちらから
女子会場からお届け!LIVE写真館はここから