六本木アートナイト2013コアタイムは日の出まで アートの海にフネが出航

写真拡大

 六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2013」が3月23日の今日開幕した。夕方に行われたキックオフ・イベントでは、アーティスティックディレクター日比野克彦の「出航!」の掛け声でコアタイムがスタートすると、「Open Reel Ensemble × off-Nibroll」によるオープンニングアクトで開催を象徴する舟が街中に出航。明日夜明けまでのコアタイム中、Chim↑Pom(チン↑ポム)やBABOT、三嶋章義らのコラボレーション空間をはじめとする様々なプログラムが展開される。

六本木アートナイト「コアタイム」開始の画像を拡大

 「TRIP→今日が明日になるのを目撃せよ。」がテーマの「六本木アートナイト2013」では、舟に装飾を施す「アートブネプロジェクト」と街中の店舗との連携を強化した「アートポート六本木」を2大柱に100名を超えるアーティストが作品やパフォーマンスなどを街中で開催。六本木ヒルズアリーナのキックオフ・イベントに出席した実行委員長の南條史生は「今回はアートフェアとファッションウィークの同時開催で、アートとファッションを楽しむ人が多く東京に集まっている。今まで以上に盛り上がるのでは」とコメント。会田誠や伊勢谷友介ら参加アーティストがレッドカーペットを歩いて登場した後、日比野克彦による「宣言」で17時55分にコアタイムのスタートを切った。

 日没から夜明けまでのコアタイム中は、六本木の各所でオールナイトイベントが開催される。東京ミッドタウンのイベントスペース「アトリウム」では、「Chim↑Pom × BABOT」による巨大矢印に三嶋章義が手を加え、不思議な空間を演出。その中で、新鋭音楽やコンテンポラリーダンスなどの表現者たちがライブパフォーマンスを繰り広げる。このほか、「21_21 DESIGN SIGHT」では「PechaKucha X デザインあ展 おとな版」と題したトークイベント、六本木商店街では一夜限りの大人のバー「ルミエルネ バー」の実施などが予定されている。なお、イベントの模様は生中継される。


■一夜限定「六本木アートナイト2013」開催 ディレクターに日比野克彦起用
 http://www.fashionsnap.com/news/2013-03-22/roppongi-artnight-2013/

■六本木アートナイト2013 開催概要
 日時:2013年3月23日(土)10:00〜 3月24日(日)18:00
 コアタイム:3月23日(土)17:55「日没」 〜 3月24日(日)5:39「日の出」
       ※メインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯
 開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、
      21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、
      その他六本木地区の協力施設や公共スペース
 URL:http://www.roppongiartnight.com/