昨年9月14日の誕生日に16歳年上の『EXILE』リーダー・HIROと入籍した上戸彩(27)。年内3本の映画出演の超過密スケジュールで、“子作り”を断念。スピード離婚危機まで囁かれている。
 「今は、ラブラブのメールのやり取りはしているようですが、映画3本の撮影に加えて、来年初めにはドラマの仕事も入っている。すれ違い生活で、セックスレス状態が続いています」(女性誌記者)

 上戸は『V6』森田剛と交際していた頃から「20代のうちにママになりたい。子供はたくさん欲し〜い」と公言。出産願望が非常に強い上戸は結婚後、すぐに“子作り”に専念するはずだった。
 「入籍時は、現在放送されている連続ドラマ『いつか陽の当たる場所で』(NHK)とCMの仕事だけだったんです。共演した飯島直子と六本木で飲んだ時に『子供が欲しい』と叫んでいましたからね。ドラマの収録は昨年末で終了していましたから、いつ妊娠していてもおかしくないのです」(NHK関係者)

 今年初め、上戸は所属事務所に“休暇”を直訴したという情報も流れた。
 「去年から、12月公開予定の映画『武士の献立』は入っていました。また、NHK朝の連続テレビ小説で驚異的な視聴率を記録した『おしん』が映画化され、上戸は“おしん”の母親役で出演する。さらに、去年、不振のフジテレビを救った映画『テルマエ・ロマエ』の続編がクランクインすることになったんです。“子作りセックス”している時間はありません。事務所の都合で仕事を取ったという情報も流れていますが、上戸クラスになれば、断ろうと思えば断れますよ。上戸自身が進んで受けた仕事です」(映画関係者)

 子作りを断念した背景には、夫で事務所社長も務めるHIROの事情も絡んでいるという。
 「HIROもタレント・社長業の二足の草鞋だから超多忙。しかも、メンバーの独立問題があって、オフが取れない状態が続いている」(エイベックス関係者)
 「HIROはスポンサー筋の人間と千代田区平河町にある小料理屋に来て、上戸と『すれ違いが多すぎる』と愚痴っていました。いくらメールで愛を確かめ合っているとはいえ、そこは新婚さん。肉体関係がなければ、夫婦関係はおかしくなりますよ」(飲食店関係者)

 性生活は重要だ。