【女性編】アニメ化しそうなご当地萌えキャラランキング


ご当地ゆるキャラに強敵が登場!?





観光地を「ゆるさ」でPRするご当地ゆるキャラが人気ですが、強力なライバルが出現しているようです。それは「ご当地萌えキャラ」。その土地の歴史を背景に誕生しているキャラが多く、観光客にも注目されそうな予感がします。今回は、アニメ化しそうなご当地萌えキャラについて、マイナビニュース会員の女性465名に聞いてみました。





Q.アニメ化しそうなご当地萌えキャラを教えてください(複数回答)

1位 萌えにゃんこ セリーニャ(埼玉県狭山市) 23.7%

2位 はたがみ☆おりひめ(栃木県足利市・萌えおこし企画) 8.6%

3位 古城に舞う桜の剣士「桜花」(福島県白河市・白河観光物産協会) 6.7%

4位 バス娘・豊岬あゆみ&南沢みるか(北海道・沿岸バス) 5.6%

4位 富山カレーちゃん(富山県富山市・富山カレーフェスタ) 5.6%

6位 駅神・みゆき&めぐみ(北海道・幸福駅、愛国駅) 5.2%







■萌えにゃんこ セリーニャ(埼玉県狭山市)

・「萌えとか猫は、オタ系の支持を得られそうだから」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「猫っぽい女の子なのと、楽器をもっているので」(31歳/その他)

・「埼玉県民だから、ぜひアニメ化してほしい」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)





■はたがみ☆おりひめ(栃木県足利市・萌えおこし企画)

・「萌えおこし企画という名前だけで、もうアニメ化しそうだから」(23歳/情報・IT/事務系専門職)

・「織姫の話はみんな知っているから」(27歳/その他)

・「彦星を探すアニメとか作ることができそう」(25歳/その他)





■古城に舞う桜の剣士「桜花」(福島県白河市・白河観光物産協会)

・「剣士という設定が、そのままアニメになりそうだから」(36歳/生保・損保/事務系専門職)

・「八重の桜にあやかってヒットしそうだから」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「震災復興の期待も込めて」(30歳/その他)





■バス娘・豊岬あゆみ&南沢みるか(北海道・沿岸バス)

・「どちらもかわいくて萌えキャラだから」(23歳/金融・証券/営業職)

・「ネーミング自体がアニメっぽいから」(32歳/その他)

・「かわいいから人気がでそう」(24歳/金融・証券/事務系専門職)





■富山カレーちゃん(富山県富山市・富山カレーフェスタ)

・「子どもはたいがいカレー好きだから」(30歳/金融・証券/営業職)

・「頭にカレーをかぶっているイメージで、かわいい気がするから」(24歳/その他)

・「カレーキャラはいそうで、ほかにはいないから」(30歳/生保・損保/事務系専門職)





■駅神・みゆき&めぐみ(北海道・幸福駅、愛国駅)

・「駅神・みゆき&めぐみ2人組なので、百合萌えも捗る」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「開運アップが好きな人には人気が出るとおもう」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「オムニバス形式の話が作りやすそうなシチュエーションだと思ったから」(28歳/自動車関連/技術職)





■番外編:地元を応援します!

・お知代(愛知県名古屋市中区・あいち技能応援団)「地元なので、知名度をあげて盛り上げてほしい」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

・ふさきち(静岡県静岡市葵区・お茶の水上)「主人の実家がある」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・吉浜小町(愛知県高浜市・人形小路)「地元のキャラだから」(34歳/情報・IT/技術職)





総評

1位は、埼玉県狭山市の「萌えにゃんこ セリーニャ」でした。「萌え」と「猫」、そして楽器の組み合わせが功を奏してのランクイン。2位は栃木県足利市・萌えおこし企画のキャラクター「はたがみ☆おりひめ」でした。そのネーミングから彦星との物語がアニメ化しやすいとの意見が多く見られましたが、同市にある「足利織姫神社」の神様とのことです。





3位は、福島県白河市・白河観光物産協会の古城に舞う桜の剣士「桜花」でした。昨年10月13日・14日に開催された「moe1グランプリ」観光部門で優勝した実力派。昨年末、ご当地萌えキャラ初のラノベ(文庫本)化が決定したそうです。





4位には、北海道の「沿岸バス」のキャラクターの「バス娘・豊岬あゆみ&南沢みるか」と、富山県富山市の「富山カレーフェスタ」のキャラクターの「富山カレーちゃん」がランクイン。「バス娘・豊岬あゆみ&南沢みるか」はネーミングがアニメっぽいと思う人が多かったです。「富山カレーちゃん」は、カレー好きが多いので受けるとのコメントが多くありました。





5位の北海道の幸福駅、愛国駅の「駅神・みゆき&めぐみ」は、昨年生まれたばかりのキャラクター。すでにグッズも発売され、好評とのことです。これからも各地に萌えキャラが登場するかもしれませんね。

(文・OFFICE-SANGA 花澤和夫)





調査時期:2013年2月15日〜2013年2月21日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性465名

調査方法:インターネットログイン式アンケート