4月から学習院大学文学部教育学科に進まれる秋篠宮家の次女・佳子さま(18才)だが、早くもこんな心配がもち上がっている。

「学習院女子高等科は関係者以外立ち入り禁止となっており、校内へ入る際には卒業生にすら卒業年度などを確認するなどセキュリティーが徹底しています。しかし、学習院大学のキャンパス内は誰でも出入りができますし、いちいちチェックしません。ですから、佳子さまの入学後、“佳子さまファン”たちが“佳子さま狙い”で構内に入ってくる可能性も否定できません」(学習院関係者)

 キャンパスライフといえば、サークル活動に力を注ぐ大学生も多い。高校時代にダンスをされていた佳子さまに注目しているサークルは少なくないという。

「いま学習院大学のダンスサークルでは“佳子さま争奪戦”に向けて盛り上がっているそうです。ダンスサークルは大学の公認、非公認も合わせて十数団体もありますからね。100人近いメンバーが所属している大きな公認サークルは、佳子さま獲得に必死になっているみたいですよ」(学習院大学在学生)

 新入生のサークルへの勧誘といえば、どの大学でも見かけられるのが、先輩たちによる1年生への“接待”だ。そんな折、未成年でもお酒を飲まされるケースも少なくない。

 2011年10月、秋篠宮家の長女・眞子さまのプライベート写真がネット上に流出したことがあった。これは眞子さまが所属される国際基督教大学(ICU)のスキー部が、2010年12月に合宿を行った際に撮影されたもので、その数枚には、当時、未成年だった眞子さまが、飲みかけのビール瓶や缶酎ハイなどが置かれたテーブルの前でポーズを決めている姿が写っていた。もちろん、眞子さまがお酒を飲んでいる写真ではなかったが、未成年の眞子さまが飲酒現場にいたということで、ネット上では大きな問題となった。

「あの写真が流出したとき、紀子さまは“疑われるようなことをしてはいけません”と眞子さまを叱られたそうです。紀子さまは佳子さまにも同様のことをお話しになっているそうですが、いついかなる場所で写真を撮られ流出するかわからないのがネットの恐ろしさです。好奇の目を向けられ、誤解を生み、ネットの暴走によって心を傷つけられてしまうのは避けたいというのが、紀子さまの思いでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 そんな懸念もあるなか、いま学習院大学では佳子さまを迎え入れる準備が着々と進められている。

「佳子さまが入学されるということで、防犯カメラの設置なども計画されているようです。また教育学科の棟には警護のSPのかたがたの控え室も作られたそうです」(学習院関係者)

 セキュリティー面では万全の体制が敷かれるだろうが、皇族方もまた、ネット社会の新たな問題に直面されているといえそうだ。

※女性セブン2013年4月4日号