最終18番をバーディで締めて笑顔を見せる森田(撮影:ALBA)

写真拡大

<Tポイントレディス 2日目◇23日◇鹿児島高牧CC(6,436ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー第3戦「Tポイントレディス」の2日目。現在賞金ランクトップを走る森田理香子が7バーディ・1ボギーの“66”をマーク。スコアを6つ伸ばし、首位の一ノ瀬優希と3打差の単独2位に浮上した。
撮れたて!LIVE写真館に2日目の写真を大量アップ!
 「100点まではいかないけど、昨日よりパットが入ってくれて、ショットもピンの近くに寄っていました。途中、力が入りすぎて曲がってしまいましたけど」とこの日のラウンドを振り返った森田。この試合でも好調を維持し、しっかりと優勝を狙える位置で最終日を迎える。
 逆転に向け、「パッティングが入ってくれたら。セカンドショットでどれだけやさしいラインにつけられるかが課題ですね」と冷静に話した森田。「いいラインつけることを心がけたら、優勝も見えてくると思います」。このまま勢いに乗り、今季2勝目をつかめるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>