知名度は高くないけどうまい!佐賀県のB級グルメたち!



九州の北西部に位置する佐賀県。九州のほかの県に比べて認知度が低い、なんてことも言われていますが、最近は出身芸能人たちの活躍で少しずつ認知度が上がっているようです。さて今回は、そんな佐賀県の、おいしいけどあまり知られていないB級グルメたちを紹介します。



●シシリアンライス

「佐賀県の喫茶店には必ずある」といわれている、佐賀県を代表するB級グルメです。ご飯の上に焼き肉を載せ、そこへさらにレタスやトマトなどを載せます。仕上げにマヨネーズをかけて完成。「佐賀のロコモコ」とも呼ばれているそうです。



●マジェンバ

佐賀県小城市のB級グルメ。めんの上に肉や野菜をトッピングして、よくかき混ぜて食べるめん料理です。マジェンバは「めんと具を混ぜて食べる」「オリジナルのタレをベースに使う」といった大きな定義はありますが、ほかは一切自由。小城市内のさまざまな飲食店でオリジナルのマジェンバが提供されており、めんはラーメン用のめんだったり、パスタだったりします。ソースも中華風だったり、洋風だったりいろいろあるので、お店ごとに違った味が楽しめます。



●たろめん

佐賀県杵島郡大町町のB級グルメです。見た目はちゃんぽんなのですが、使っているめんはうどん。さらにスープもショウガがガッツリと効いた牛骨のスープ。ちゃんぽんとは一味も二味も違う味わいです。大町町ではいくつかのお店で提供されていて、それぞれのお店で異なったテイストのたろめんが楽しめます。



●からつバーガー

名前の通り、佐賀県唐津市のご当地バーガー。移動販売の形で販売するという、ユニークな手作りハンバーガーです。ケチャップ味のシンプルなハンバーガーですが、表面はカリッと中はふわふわのバンズとジューシーなハンバーグの味がたまりません。基本的には、「虹の松原」という唐津湾沿岸に広がる松原を拠点に販売しており、虹の松原にはよくハンバーガーを買うための行列ができています。唐津市内外にいくつかの店舗があります。



●呼子イカバーガー

佐賀県唐津市呼子町は玄界灘で捕れた新鮮なイカが有名です。その呼子のご当地グルメが、この「呼子イカバーガー」です。中身のパテには、呼子のイカのみじん切りと白子が入っていて、イカの濃厚な風味とコリッとした歯応えがたまりません。バンズは、イカまんじゅうの生地に使われる粉が使われていてモチッとしています。



●唐ワン伽哩(カリー)

佐賀県は2008年の総務省家計調査で「一世帯あたりのカレールー年間消費量が全国で1位」になりました。その結果を受けて、新たなご当地グルメとして考案されたのがこの『唐ワン伽哩』です。前述のマジェンバと同じく、「地場産食材を入れる」などのいくつかの定義があるだけで、アレンジは提供する店舗に任せるというスタイル。店ごとに、カレードリアだったり、カレーパンだったりと、いろいろなカレーが楽しめます。



●朝からつ茶漬け

地元産の魚介類や野菜をお茶漬けでいただくご当地グルメです。「せっかくだから朝ご飯も唐津ならではのものを……」という宿泊施設の人たちの思いから誕生したそうです。旅館やホテルによって異なった「朝からつ茶漬け」が提供されています。中には自家製カラスミを使った「カラスミ茶漬け」なんてのもあるそうですよ。





佐賀県は、こうしたB級グルメ・ご当地グルメ以外にも、唐津の「白魚料理」なども有名です。佐賀を訪れた際にはぜひ食べておきたいですね!



(貫井康徳@dcp)