安くても手を出してはいけない土地ってどんなの?



土地の価格はできる限り安く収めたいところ。しかし、安いからといって安易に手を出してしまうととんでもないことになってしまうケースも。それはどんな土地なのでしょうか? 不動産業者の方に聞いてみました。



――安い土地の中で「これだけは手を出すな!」というものはありますか?



水はけの悪い土地というのは避けた方がいいですね。そういった土地は地盤に問題があるケースがあるので、建設後に傾いたり沈下したりする可能性があります。また、湿気によってカビが発生したり、家の劣化が早まることも考えられます。



――家に影響が出る土地は避けたいですね。



あとは、「土地自体が傾いている土地」「道路から見て高低差のある土地」も注意しないといけません。道路から見て奥側に下がっている土地ならそこまで問題はありませんが、上がっている土地は道路に土などが流れないように擁壁(ようへき)を作らないといけません。



――余計なコストがかかってしまうのですか……。



そうなんです。擁壁などの建築コストがかさんで、別のちゃんとした土地を買う場合よりも高くなってしまった、というケースもありますからね。



――なるほど。ほかにはどんな土地に注意すればいいですか?



安価な土地の中には、「接道していない土地」というのも実はありまして……



――どういうことですか?(笑)



一見、道路に面したちゃんとした土地に見えるんですが、公図上では道路に面している部分だけ他人名義の土地だったりするんです。

――実は土地が分かれていました、ということですか?



そうです。土地が二つに分かれているんです。



――そんな土地売ってもいいんですか?



売る売らないは自由なので、売ること自体に問題はありません。実際に売られていたりしますし。もちろん、購入の際には、重要事項説明があるので知らずに買ってしまうということはありません。そんな土地を安く買っても家を建てられないですし、家を建てるなら接道している土地も買わないといけないので、手間もコストもかかります。



――そこまで手間をかけるなら最初からちゃんとした土地を買えって話ですよね。



あとは、同じように手間がかかる土地として、「但し書き道路」に接道している土地も注意しないといけませんね。



――但し書き道路とは何ですか?



但し書き道路とは、建築基準法上では道路と認められていない道路のことです。但し書き道路に接道している土地に家を建てる場合は、その但し書き道路に接道している土地の住民全部に合意を取らないといけないんです。



――それは手間がかかりますね。購入後のハードルを考えると、安易に手を出すべきではない土地ですね。



あとは、事故や事件のあった土地は避けた方がいいでしょう。本人が「別にかまわない」のなら安く手に入りますし、問題はないと思うのですが、もし手放したくなったときには恐らく買い手がつかないでしょう。



――同じように事件があった土地でもかまわない、という人じゃないと無理ですよね。



やはり周囲の目もありますからね。安くなりやすい土地ですが、手を出すのはやめた方がいいですね。





安い土地でも活用の仕方次第では有益になります。しかし、今回紹介したように、購入後の手間やコストが余計にかかってしまったり、次の買い手が見つかりにくい土地というのは安くても極力避けた方がいいでしょう。



(貫井康徳@dcp)