富山ブラックラーメン風味!? 富山の新名物「富山ブラックサイダー」とは?

写真拡大

富山のご当地ラーメンといえば「富山ブラック」が有名だが、現在、その富山ブラックをイメージした「富山ブラックサイダー」なるものが登場して注目を集めている。

ラーメン味のサイダーって一体? その誕生秘話や地元での活気、そしてなにより、気になる味について紹介しよう。

「富山ブラックラーメン」は戦後まもなく、汗をよくかく肉体労働者のために塩味の濃いラーメンが作られたのが始まり。

しょう油ベースの真っ黒なスープと大量のコショウが特徴で、一度食べたらやみつきになる塩辛い味が魅力だ。

ラーメン好きを中心に注目を集め、今では全国区の人気を獲得。

富山ブラックを食べるために富山を訪れる人も少なくない。

そんな富山ブラックラーメンをイメージして作ったのが「富山ブラックサイダー」だ。

富山ブラックラーメンの最大の特徴であるしょう油の風味と、コショウのスパイシーさをプラスして、これまでになかった新しいタイプのサイダーを作りあげた。

一見コーラのようだが、飲んでみたところ、しょう油とコショウの風味がのどの奥にホワンと広がる。

甘すぎずキリリとした辛さも感じられる大人の味。

スッキリしているのでどんどん飲みたくなる。

「これがやみつき感か」と納得だ。

地元では「飲むのに勇気がいったけれど、一口飲んでみるとさわやかでおいしかった」「ラーメン風味のサイダーって最初はイメージがつかなかったが、飲んでみたら奥深い味に感動した」など、ユニークなコンセプトと味が受けているそうだ。

とはいえもちろん、このサイダーでラーメンを作ろうとするのはちょっと難しいと思われる。

2012年4月の発売当初は、富山ブラックラーメンが好きな男性を中心に人気を集めたが、独特のおいしさが話題を呼び、今では富山の新しいお土産として注目されている。

富山県内のサービスエリアや道の駅を中心に1本200円で発売されている。

製造元の「トンボ飲料」のホームページから、ケース買いすることもできる。

この「富山ブラックサイダー」、そのままでもおいしいのだが、新しい飲み方も提案されている。

それは、サイダーをお酒で割る「黒割」だ。

コショウのきいた大人の味はお酒にもピッタリ。

例えば、焼酎1、サイダー3の割合で混ぜれば「富山ブラックサワー」のできあがり。

焼酎をウィスキーにすれば「富山ブラックハイボール」、ビールにすれば「富山ブラックビアー」も。

甘すぎない富山ブラックサイダーだからこその楽しみ方だ。

また、富山県内の居酒屋やラーメン店の一部でも「富山ブラックサイダー」と「黒割」を楽しむことができる。

地元の人はもちろん、観光や出張で富山に来た記念に飲む人が多いそうだ。

ちなみにトンボ飲料は、明治時代に創業した富山の老舗ラムネメーカー。

2011年から富山にちなんだ地サイダーを販売しており、まず第1弾として1930年代から40年間にわたって愛された「ラボンサイダー」を発売。

そして第2弾として発売したのが「富山ブラックサイダー」だ。

富山のメーカーが富山の名物ラーメンにヒントを得て作りあげた、富山ならではのサイダー。

「富山ブラックラーメン風味」と聞くと、少し躊躇(ちゅうちょ)してしまうかもしれないが、飲んでみないとそのおいしさは分からない。

興味のある人は挑戦してみるべし。

そして、そのやみつき具合を是非体感してみてほしい。