病は「記」から?

写真拡大

コクヨS&Tは2013年3月13日、「からだを大事にするノート」を発売した。自分や家族の「からだ」について、あとから振り返られるよう、記録を残すためのノートだ。

セキュリティ仕様の「ホルダー」

2009年に販売開始した「ライフイベントサポートシリーズ」の第4弾。既に販売されている「遺言書キット」「エンディングノート<もしもの時に役立つノート>」「おつきあいノート<人とのおつきあいを大事にするノート>」と同様に、自分についての情報を「書き記す」ことで記憶を整理する商品だ。

過去の「病歴」や「処方薬」、かかった「医療費」や、加入している「保険」など、14項目について記入可能。自分や家族の「からだ」の情報をひとまとめにすることで、いざという時に必要な情報を確認できる。

付属の「セキュリティホルダー」は、書類を入れると外側から見にくくなるため、他人に見られたくない「病院の領収書」などを保管できる。

希望小売価格は、1575円。6号(セミB5)サイズで、48枚(96ページ)つづり。