アフタースクールNANA 渋谷でヨシオクボのショー鑑賞

写真拡大

 韓国のアイドルグループ「AFTERSCHOOL(アフタースクール)」のNANA(ナナ)が3月22日、アッシュ・ペー・フランスが主催するファッションイベント「roomsLINK TOKYO 2013 March」に来場した。NANAは同イベントのメインヴィジュアルに登場しており、今回、会場エントランスに設置された自身の巨大ヴィジュアルと初対面。ヴィジュアル前でスナップに応じ、直後に行われた「yoshio kubo(ヨシオクボ)」の2013-14年秋冬ショーを鑑賞した。

アフタースクールNANA ショー観覧の画像を拡大

 「AFTERSCHOOL」のNANAを起用したメインヴィジュアルには、「commons&sense」の佐々木香がアートディレクションを手がけ、NANAの写真と"Wherever wherever people say, it doesn't belong to anyone"というメッセージが記されている。「yoshio kubo」のショー直前に来場したNANAは、今回のメインヴィジュアルについて「とても嬉しいです。初めての経験なので、とても緊張しました」とコメント。「東京は色々なファッションが溢れていてとても個性的。日本の女性は可愛くて素敵なので、お洒落の参考にしています」と話し、ブラックのシックなワンピースでショー会場に向かった。

 3月19日から22日にかけて「ベルサール渋谷ガーデン」で行われた「roomsLINK TOKYO 2013 March」は、アジアにグローバルコレクションウィークを形成することを目指し3月と10月に開催されている。7回目を迎えた今回は、約150ブランドの合同展示会をはじめ、16ブランドのショーやインスタレーションといった多彩なコンテンツを展開。NANAを起用したメインヴィジュアルは、3月26日から28日まで開かれる「roomsLINK SEOUL 2013-14 F/W」でも使用される。

■roomsLINK
 http://roomslink.com/