<アーノルド・パーマー招待 2日目◇22日◇ベイヒル&ロッジ(7,381ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の2日目。初日3アンダー5位タイと今季最高のスタートを切った石川遼だったが、この日は一転して苦しいゴルフ。2バーディ・5ボギー・1ダブルボギーでトータル2オーバーまでスコアを落とし、57位タイで2日目を終えた。
石川遼、今季最高5位タイ発進!タイガーと並ぶ3アンダー
 ショットがやや安定感を欠いたことに加え、パッティングがスコアの足を引っ張った。1番でいきなり3パットのボギーを叩くと、8番では3オン3パットのダブルボギー。その他にも微妙な距離を残したパーパットがことごとく外れ、ズルズルとスコアを落とした。それでも、初日の貯金がきいて今季3度目の予選通過を果たした。分厚いフィールドに挑む決勝ラウンドの残り2日間は上だけを見てやっていくのみだ。
 2日目を終えて首位はトータル9アンダーのビル・ハース(米国)とジャスティン・ローズ(イングランド)。1打差の3位にジョン・ハー(米国)がつけている。大会連覇を狙うタイガー・ウッズ(米国)はトータル5アンダーの7位タイで決勝ラウンドを迎える。
【2日目の順位】
1位T:ビル・ハース(-9)
1位T:ジャスティン・ローズ(-9)
3位:ジョン・ハー(-8)
4位T:ケン・デューク(-6)
4位T:J・J・ヘンリー(-6)
4位T:ジミー・ウォーカー(-6)
7位T:マーク・ウィルソン(-5)
7位T:ビジェイ・シン(-5)
7位T:タイガー・ウッズ(-5)
57位T:石川遼(+2)他12名
<ゴルフ情報ALBA.Net>