新婚の住まい、人気の間取りは? -「自分の部屋がほしい」「一緒にいたい」

写真拡大

結婚式情報サイトを運営するみんなのウェディングはこのほど、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストと共同で実施した「新居選びについてのアンケート」調査の結果を公開した。

調査は1月24日〜2月6日、 みんなのウェディング会員で結婚を機に新居を決定した方(契約後未入居〜契約後3年以内)を対象にインターネットにて行った。

有効回答数は445。

調査ではまず「決定した新居の間取りについて教えてください」と質問。

1位は「2LDK (42.1%)」、続いて2位は「1LDK(22.9%)」、3位は「2DK(15.7%)」という結果となった。

人気1位の2LDKを実際に選んだ人のコメントには、「夫は自分部屋がほしいので2LDKを希望し、私は一緒にいたいので1LDKを希望していた(埼玉 30代女性)」「夫は2LDKでよいといっていたが妻の私は自分の勉強や来客時に使える部屋がほしくて3LDKを希望していた(福岡 30代女性) 」といったカップル間の価値観の違いも見られたという。

「現在新居として選び、住んでいる街について、住む前と、住んだ後、街に点数をつけるとすれば何点ですか」という設問では、住む前の平均が68点だったのに対して、住んだ後の平均が79点となり、11点上昇した。

コメントを見てみると「何もなく、つまらなそうと思ったが、静かで生活しやすい。

繁華街がない分キレイで治安がよい。

友達に会いにいくのも、都心までそんなに時間がかからない。

(東京 30代女性 住む前:60点 → 住んだ後:85点)」など、済んでみたら満足したという回答が多く寄せられたという。

その他の調査結果の詳細はみんなのウェディングサイト内「新婚カップル必見!みんなの新居選び」で見ることができる。