「はなまるうどん」全店で、健康保険証提示で割り引きするキャンペーン実施

写真拡大

讃岐うどんチェーン「はなまるうどん」を展開する「はなまる」は、4月1日(月)からの約1か月間、全国の「はなまる店舗(一部店舗を除く)で、国内・国外全ての公的医療保険の保険証を用いたキャンペーン「健康保険証割キャンペーン」を実施する。

期間は4月30日まで。

同キャンペーンでは、健康保険証の提示で「コクうまサラダうどん」(3月25日から定番メニュー化)が50円引きになる。

保険証割引の利用は、1回の食事につき、1人1回まで。

ほかの割り引きとの重複はできない。

対象となる保険証は、国内及び海外で発行された公的医療保険の保険証、健康保険、船員保険、共済組合、国民健康保険、後期高齢者医療制度の保険証・組合員証。

雇用保険や介護保険などの保険証は利用できないとのこと。

なお、同日からうどんの麺一玉でレタス1個分の食物繊維(2.1グラム)が摂取できる「はなまる食物繊維麺(特許出願中)」への全面切り替えを行う。

また、「コクうまサラダうどん」は、3月25日から定番メニューになるという。

価格は、「コクうまサラダうどん」”半日分の緑黄色野菜”小が399円、中が504円、”1日分の緑黄色野菜”小が504円、中が609円。