私の近著『あなたの毎月分配型投資信託が危ない!』では、買ってはいけない毎月分配型投信のポイントを2つ紹介しています。その2点とは、

(1)ファンドの収入以上の分配金を支払っている
(2)分配金を支払う?貯金”(翌期繰越分配対象額)が少ない

 この2点については本の中で詳しく書いていますが、以前公開した記事でもカンタンに解説しているのでご覧ください。

・第1回 なぜ世界の株式市場が上昇しても、危ない毎月分配型投資信託がたくさんあるのか?
・第2回 毎月分配型投資信託の良し悪しがすぐにわかるポイントとは?
・第3回 あなたの毎月分配型投信が危ない!〜分配金が「減らされる危険度」の判定法〜
・第4回 営業担当者に新しい投信を勧められたら?〜毎月分配型投信保有者のお悩み相談〜
・第5回 毎月分配型投信を買っていい人、ダメな人とは?

 さて、今回は「買ってよい毎月分配型投信」についてご説明しましょう。

 ずばり、買ってよい毎月分配型投信とは上記2条件と真逆のファンドです。つまり、

(1)ファンドの収入>毎月の分配金
(2)翌期繰越分配対象額が多い

の2条件を満たすファンドです。このほか、ある程度の純資産残高があり、設定開始からある程度の期間(5年以上が好ましい)が経っていればなおよいでしょう。

 では、どのように見つけたらいいのでしょうか?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)