「おひとりさま」が約5割! ビジネスパーソンのランチ事情

写真拡大

慌ただしい仕事の中でビジネスパーソンのお楽しみの時間とも言える「ランチタイム」。実際どんな風に過ごしてるのかを調査してみた。

Q:ランチタイムを取る際の好きなスタイルは?
一人で食べる......47.5%
会社の同僚と食べる......47.5%
社外の人と食べる......2.3%
その他......2.7%

少し意外とも言うべきか「一人でランチ派」が約半数を占め、「いろんなことを忘れて、できるだけリラックスしたいので」(27歳女性/不動産)という意見が寄せられた。一方「会社の同僚」「社会の人と」という人に意見を聞いてみると「情報交換するための貴重な場」(28歳男性/出版)や「チームワークを育む時間」(26歳男性/メーカー)。など、コミュニケーションをとる時間として活用しているよう。

また、ランチで重要な店選び。その基準としてもっとも重要視されるのが「値段が安いこと」が約半数。実際にランチにかける値段は「300〜500円以下」が一番多く、厳しい懐事情を感じさせる。

Q:ランチにかける値段は?
1位/301〜500円以下......26.1%
2位/501円〜700円以下......23.4%
3位/300円以下......14.4%
4位/701〜900円以下......8.4%
5位/901〜1000円以下......7.7%

Q:ランチのお店選びで重要なのは?
1位/値段が安い......49.2%
2位/おいしい......26.4%
3位/手早く食べられる......9.4%
4位/メニューが豊富......4.3%
5位/量が多い......4.0%

1000円以上かけている人は全体の7%ほど。またお店に行かない弁当派も13.0%おり、傾向としてできるだけお金をかけずにランチを済ませたいという人が多くみられた。

文●ダイバ(06)
調査期間:2013年2月/アンケート対象:マイナビニュース会員/集計対象件数:300件(ウェブログイン式)